[尿漏れ・頻尿など尿トラブル]の記事一覧

2015年11月30日

夜間頻尿は夕方10分間の足湯で予防!|夜間頻尿はワインを飲むと悪化する!|夜間頻尿には山芋!?|一度膀胱炎になった人は再び膀胱炎になったり腎盂腎炎になる可能性が…!!|駆け込みドクター〜他人には言えない尿トラブル(11/29)

尿トラブル系ってネタ「少ない」「増えない」なので
今回は夜間頻尿ネタメインにちょこっと追加


11/29のTBS系
駆け込みドクター他人には言えない尿トラブル
の話題です。

けど、尿トラブル系って原因も対策も判ってて新しいネタがない場合、それに
男性の尿トラブルのように原因は前立腺肥大って判ってても前立腺肥大になる
原因はホルモンバランスと言われてるがよく判っていない

くらいしかなくて(あくまで一般的な尿トラブルの範囲では、でしょうけど)、
過去記事と重複も多いので、一応重複のないネタとして
・夜間頻尿に10分間の足湯
・寝る前にお酒を飲むと(特にワインとチーズ)夜間頻尿が悪化する
・夜間頻尿に山芋
・一度膀胱炎になった人は菌が残ってることがあり腎盂腎炎(じんうじんえん)
 の危険がある

って3つのネタだけ取り上げることにしました。

それ以外では、
心因性頻尿は診察(というかカウンセリング)で治っちゃうことが多いそうなのでスルー、
尿漏れに関しては
腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の説明は番組内容的にも以前のはなまるマーケットの方が
遙かに詳しいので↓↓を御参考に、
尿もれには腹圧性
尿失禁
切迫性尿失禁があり、対処法が多少異なる!|簡単!骨盤底筋体操のやり方|はなまるマーケット B・マニュアル〜誰もが予備軍!「尿もれ」基礎知識&対処法


尿漏れ対策としては取り敢えず体操だけで直ぐには治らないので
【amazon】で「尿漏れ」で検索した結果
【楽天】で「尿漏れ」で検索した結果
辺りを参考にドラッグストア等でグッズ購入された上で体操を取り入れると良いかと
思いますが、
友利新先生が教えて下さってた尿漏れが改善!骨盤底筋スクワットも、
以前主治医が見つかる診療所で紹介されていた尿漏れを防ぐ骨盤底筋体操
殆ど変わりがなったりするので(≧∇≦)、
(友利先生式は踵を着けて足先ハの字と、10秒キープが違うだけ)
↓↓を御参考に、
女性泌尿器科専門奥井伸雄医師の尿トラブル(尿漏れ・頻尿)予防法!〜カイロで膀胱を温める・骨盤底筋を鍛える尿漏れ予防体操|丁宗鐵医師オススメ尿トラブル予防法〜仙骨近くの膀胱のツボ(膀胱兪)を温める・漢方なら八味地黄丸か牛車腎気丸|主治医が見つかる診療所〜健康寿命がのびる!全国の食材&新習慣
ということで、ここまでは引用ばっかりですみませんが御容赦を。



夜間頻尿は夕方10分間足湯をすると予防効果が期待できる!


ゲスト出演のマイシティクリニック泌尿器科平澤精一医師によれば、
基本的に夜間は全くトイレに行かない、0回というのが正常なんですけど、
 2回となると少し病的な要素がある

とのことで、ナレーションの説明によれば
アメリカ泌尿器が学会の報告によると夜間2回トイレに行く人はそれ以下の人に比べて
 死亡率が1.6倍

なんだそうです。

yakanhinnyo_ashiyu.jpg

番組冒頭のクイズ部分ですが、ナレーションの説明によれば、
夜間頻尿は夕方10分間足湯をすると予防効果が期待できる

とのこと。

山梨県立大学などの研究グループは、夕方に10分間足湯をすると夜間トイレに起きる回数が
減少すると報告したんだそうですが、この理由についてナレーションの説明では、
・夜間頻尿は足のむくみが原因の一つと考えられる
・昼間、足に溜まった余分な水分が就寝時に血管内に流れ込み尿として排出しようとする為
 夜目が覚める

とのことです。

ただ、この辺も以前のたけしの家庭の医学の方が詳しかったんですが、
寝る4時間前にお風呂に入れば夜間頻尿は改善する!|足のむくみが引き起こす夜間頻尿のメカニズム|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学〜名医が診断 若返り&長生きできる!3つの悩み解決SP
たけしの家庭の医学は寝る4時間前にお風呂とか結構大がかりだったんですが、
今回は足湯ってお手軽な方法だったので取り上げておきました。



アルコールは抗利尿ホルモンの働きを抑えてしまうのでお酒を飲むとトイレが近くなる!
ワインとワインと相性の良いチーズに含まれるチラミンが交感神経を活発にし夜間頻尿を悪化させる


yakanhinnyo_wine_cheese.jpg

大竹真一郎先生とナレーションの説明をまとめると
・アルコールを飲んだ水分が直ぐに尿として出るわけではない
・アルコールは尿を調節している抗利尿ホルモン(おしっこを出にくくするホルモン)の
 働きを抑えしまうのでおしっこが出やすくなってしまう
・ワインに含まれるアミノ酸の一種チラミンは交感神経を活発にし
 尿トラブルを悪化させる。
・ワインと相性の良いチーズにもチラミンが含まれるので、夜トイレに起きる人は要注意

とのことです。

って言われても・・・って方も多いと思いますが(ノ∇≦*) 、注意しましょう。



夜間頻尿にはマグネシウムを多く含む山芋が効果的!


yakanhinnyo_yamaimo.jpg

友利新先生によれば、
夜間頻尿には山芋が効果的と言われてるんですね
とのこと。

この理由についてナレーションの説明によれば、
magnesium_nyoudoukatsuyakukin.jpg

・山芋に多く含まれるマグネシウムは胃腸や腎臓、筋肉の収縮を整える働きがある
・そのため排尿を調節する尿道括約筋を引き締め頻尿を防ぐ効果が期待できる
・1日に山芋約60gをとろろ御飯などで摂れば夜のトイレ回数が減る

とのこと。

※因みに、↑↑の写真って山芋じゃなくて長芋だと思いますが(ノ∀`)、
Wikipedia:ヤマノイモWikipedia:ナガイモによれば、
山芋は日本原産で天然も多いのと粘り気がある、長芋は中国原産だけど日本で栽培されてて
粘り気が少なくシャキシャキ感がある、ってくらいの違いでマグネシウム量5%は同じなので
どっちでもお好みの方を、ってことで良いかと思います。




平澤精一先生とナレーションの説明をまとめると
・膀胱炎は20〜30代の女性がかかりやすく、症状は頻尿、残尿感、排尿後の痛み、血尿
・おしっこを我慢すると膀胱炎になりやすいというイメージだが、殆どの場合膀胱炎は
 大腸菌などの細菌によって起こる細菌性膀胱炎が多い
・便に混ざった菌が膀胱に入り込むケースが多い女性は尿道が短く肛門と膀胱が近いため
 感染しやすい 
・膀胱の中に長時間菌が留まっていると繁殖し、一定数以上になると膀胱炎が起きる
・おしっこは膀胱に入ってきた細菌を洗い流す作用があるが、おしっこをしないと
 膀胱内で菌が繁殖しやすいので我慢は禁物

saikinseiboukouen.jpg

とのこと。

また森田豊先生、大竹真一郎先生によれば、

・膀胱に細菌がある状態でおしっこを我慢すると細菌が尿管を通じて腎臓に入り
 腎盂腎炎(じんうじんえん)を引き起こすことがある
・腎臓の尿が溜まる場所腎盂で細菌が繁殖し炎症を起こすのが腎盂腎炎で、
 症状は背中や腰が痛くなる、寒気、高熱など。重症化すると細菌が腎臓から全身に広がり
 敗血症(発熱、低血圧、脈拍数増加、意識障害など)で命に関わる場合もある。
 特に高齢者は膀胱炎、腎盂腎炎の症状があまりでないので重症化して意識が朦朧と
 なってから病院に運ばれてくることが多い 
・過去に一度膀胱炎になった人は膀胱に菌が少量でも残ってる可能性があり、
 何年も残っていることが多い
・その状態でおしっこを我慢したり、疲れて免疫力が落ちたりするとまた膀胱炎、
 さらにおしっこを我慢すると腎盂腎炎になる可能性がある

jinujinen_boukouen.jpg

とのことで、散々頻尿はいけないって言っておきながら、オシッコを我慢しちゃいけない、
って妙な予防対策で困ってしまいますが・・・・とにかく特に女性は注意ですね。

っということで、番組全部の内容ではなく重複部分も多くて端折り気味でしたが、
尿トラブルって恥ずかしいってだけじゃなく案外重大トラブルに発展するようですので、
早めに対策が肝心ですね。






posted by prin at 01:21 | 尿漏れ・頻尿など尿トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

女性泌尿器科専門奥井伸雄医師の尿トラブル(尿漏れ・頻尿)予防法!〜カイロで膀胱を温める・骨盤底筋を鍛える尿漏れ予防体操|丁宗鐵医師オススメ尿トラブル予防法〜仙骨近くの膀胱のツボ(膀胱兪)を温める・漢方なら八味地黄丸か牛車腎気丸|主治医が見つかる診療所〜健康寿命がのびる!全国の食材&新習慣(1/5) その2




温める系(カイロで膀胱温め&膀胱のツボ温め)に骨盤底筋体操に
漢方(八味地黄丸・牛車腎気)に・・・これだけ尿トラブル予防できる?


引き続き1/5のテレビ東京系
主治医が見つかる診療所〜健康寿命がのびる!全国の食材&新習慣

健康寿命を縮める尿トラブル
部分の話題です。

3時間SPの割には短いコーナーでしたが意外に頻尿・尿漏れ対策てんこ盛りで、
奥井先生の膀胱をカイロ(又は腹巻き)で温める方法骨盤底筋体操
丁先生の膀胱のツボ(膀胱兪:ぼうこうゆ)を温める方法漢方薬
4つも方法があって、あまり聞いたことない目新しい尿トラブル予防法、
ということで取り上げてみました。

因みに、よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック奥井伸雄医師については


ナレーションの説明では
「東京大学大学院修了後アメリカ留学、女性泌尿器科という分野の最新医療を学び、
日本では唯一の女性泌尿器科の専門医院を開いています。
女性泌尿器科とは骨盤の中にある子宮・膀胱・直腸といった臓器の異常と、
そこから起こる尿トラブルを診断・治療する分野」
ということでしたが、よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニックのHP見ると
前立腺癌についての講義とかもされてるようですし、特に頻尿なんかは男女あまり
関係ないと思われますんで、男性で尿トラブルのある方も十分OKかと思います。

尚、黒千石大豆が血圧を下げる話題等については先に書きましたので、
黒千石大豆には黒豆の2倍のアントシアニンが含まれ食べ続けると血圧が大幅に下がる!|カルシウムだけ摂取してもマグネシウム不足だとカルシウムが骨に吸収されない!|みかんを焼くか冷凍みかんにするとβクリプトサンチンを吸収できて免疫力アップ!|主治医が見つかる診療所〜健康寿命がのびる!全国の食材&新習慣(1/5)
を御覧下さい。




尿漏れや頻尿などの尿トラブルが健康寿命を縮める!


ビデオ出演のみだった東京都健康長寿医療センター研究所新開省二医師と
ナレーションの説明をまとめると、

・寝たきりを助長する要因に高齢者の閉じこもりがあり、閉じこもりにも色々原因が
 ありるが、意外な原因が尿のトラブルでその数も意外に多い
・毎日外に出掛ける人に比べ閉じこもりがちの人に比べ
 認知機能が落ちるリスクが3.5倍、歩行困難になるリスクが4倍
・尿漏れや頻尿など尿トラブルを抱える多くの人が外出することへの
 不安を感じており、尿トラブルを抱える人は成人女性の場合3〜4人に1人


とのこと。また尿意はどのようにして起こるのか?については

・尿は腎臓で作られて膀胱に溜まってから排出されるが、
 通常1日に作られる尿の量は1.2〜1.8ℓ
・また、どの位尿が溜まるとトイレに行きたくなるのかについては、
 膀胱には尿がどの位溜まったのかを関知するセンサーがあり、
 このセンサーは尿の量が100mℓ〜200mℓ溜まった所で反応し脳に信号を送り
 尿意を感じさる(初期尿意)
・尿を出さずに我慢できる限界は300mℓ〜400mℓ 缶ジュース1本ほど
・健康な人は1日1.5ℓ程度の量を6回ほどに分けて排出しているが、
 頻繁にトイレに行きたくなる人や尿漏れのある人は体に何らかのトラブルが
 潜んでいる可能性がある


とのことです。

また、奥井伸雄医師によれば
「尿トラブルがありますと(外に)出たがらないんですね。
つまり外出するとトイレがなきゃいけないと。
そこでバス旅行に誘われて友達とせっかく遊びに行きたいけど、自分の所為で
何度もバスを止めちゃうから『もう行けない』と思っちゃったり、
電車に乗ると各駅で降りてトイレを探さなきゃいけない、だから
『遊びになんか行けないわ』って方多いですね。
その所為で自宅に引きこもることになりますね。そうすると更に筋肉が低下して、
筋肉が低下しますと尿道を支えている筋肉とか膀胱の周りの血行も悪くなります
それから筋肉が低下すると性ホルモンが下がって夜中に目が覚めるようになる
認知機能が下がってしまう、それから免疫力も下がって感染症の問題も出て、
寝たきりになるケースもかなりある。」
とのこと。




奥井伸雄医師式尿トラブル予防法@:膀胱を温める


なぜ膀胱を温めると良いのか?の理由についてナレーションの説明では
・体が冷えると膀胱への血流が悪くなり老廃物が溜まり、その結果
 膀胱のむくみが起こる
・膀胱のむくみが原因で尿センサーが誤作動し、尿が溜まっていないのに
 何度もトイレに行きたくなってしまうことがあり、それが冷えるとトイレが
 近くなる理由の1つ

とのこと。


膀胱を温める方法

hinnyo_kairo_haramaki.jpg

・膀胱の上にカイロを貼る(お臍と恥骨の間が目安とのこと)
・腹巻きで温めるのも効果がある


尚、カイロについては「使用方法・時間を確認の上お試し下さい」って注意書きが
ありましたが、やっぱりカイロの方が効きそうですからね〜、
一応注意して行って下さい。




奥井伸雄医師式尿トラブル予防法A:尿漏れを防ぐ骨盤底筋体操


因みに番組では「尿もれ予防体操」とも言っていました。
また、骨盤底筋を鍛える訳ですから、ナレーションの説明の雰囲気でも
必ずしも尿漏れだけではなく、頻尿の予防にも効果があると思われます。

骨盤底筋とは?(ナレーションの説明)

kotsubanteikin.jpg

・骨盤底筋とは骨盤の下で膀胱や腸、子宮など下腹部の臓器を支える筋肉
・骨盤底筋が加齢などで衰えて臓器を支えきれなくなると膀胱が圧迫され
 尿トラブルの原因になる
・衰えた骨盤底筋を鍛えれば尿トラブルは改善する



骨盤底筋体操のやり方
nyou_trouble_kotsubanteikin_taisou1.jpg

@足を肩幅に開く
Aそのままお尻を降ろす(椅子に座るように膝を前に出さずにお尻だけを下げる)
Bお尻を下げきったところでお尻の穴をキュッと締める(3秒間)
Cお尻を緩めて立ち上がる
Dこれを1日3回もやれば十分

とのこと。

奥井先生の説明中に「ここからは御覧のスポンサーの提供でお送りします」
っていうのが入っちゃって聞こえなかった部分もあるんですが、奥井先生によれば
骨盤底筋体操で性ホルモンが出るんだそうで、性ホルモンが骨盤の血流を良くする
んだそうです。

また70〜80代の方なんかは↓↓の様に壁に手を付いて行っても良いそうです。
nyou_trouble_kotsubanteikin_taisou2.jpg


また、骨盤底筋を鍛える方法についてはたけしの家庭の医学や、
既に番組終わっちゃった番組ですがはなまるマーケットなどでも別の方法が紹介
されていましたので御参考に。
尿もれが最も少ない鹿児島県民に学ぶ骨盤底筋を鍛える方法|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学〜大発見!全国都道府県別 健康長寿の秘密SP第5弾(8/27)

尿もれには腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁があり、対処法が多少異なる!|簡単!骨盤底筋体操のやり方|はなまるマーケット B・マニュアル〜誰もが予備軍!「尿もれ」基礎知識&対処法(11/28)




丁宗鐵医師オススメの尿トラブル予防法@ 漢方(八味地黄丸か牛車腎気丸)


草野所長(司会の草野仁さん)が
「丁先生、漢方で尿トラブルに良いっていうのは何かあるんでしょうか?」
と振ったところ、丁先生
すごくあるんですよね
とのことで、まぁ確かに漢方だと色々ありそうですが(^m^ )
丁宗鐵医師によれば
八味地黄丸(はちみじおうがん)牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)といった薬を
だいたい旅行の3日くらい前から服用すると効く人多いですから
そういう薬を試してみるのも1つの方法ですね」
とのこと。

八味地黄丸は良く聞きますが驚くほど種類多いですね。
お得なメーカーと分量を選べばよいかな?って感じです。



牛車腎気丸っていうのが聞いたことありませんでしたが
こちらもかなり種類多いですね。

まぁ漢方薬って万能薬的なところありますから、あちこちトラブルを抱えてる場合は
特によいかも知れませんね。




丁宗鐵医師オススメの尿トラブル予防法A 膀胱のツボ(膀胱兪)を温める


丁先生によると
「漢方の場合は、膀胱のツボが仙骨の後ろにあるんですよ。
皆さん、膀胱だから前の方温ためちゃうんですけど、後ろの方を温めたほうが
もっと効くって人結構多いんですよ
。」
とのことで、その膀胱のツボ(膀胱兪:ボウコウユ)の場所は↓↓。

boukouyu.jpg

ナレーションの説明では
「膀胱のツボ=膀胱兪(ボウコウユ)はお尻にある仙骨の上部から左右に
指2本分ほど外側
にあります。」
「丁度お尻の割れ目が始まる辺りを温めると頻尿を緩和する効果が期待できます」

とのことです。


尚、秋津壽男医師も予防法を話されてたんですが、
あまりにも口語調だった上、ナレーションも端折りすぎでそのまま文章に
出来ません((≧m≦)。

趣旨としては
尿を我慢する訓練をすると我慢できたという事実が自信になる
ということで、
家のトイレの前で(何時でもトイレに行ける状態で)我慢する訓練をし、
何時間我慢できたかチェックしながら、少しずつ時間を延ばしていく

(1時間我慢できたとか3時間我慢できたとか)
みたいに行うそうです。

ゲストの熊谷真実さんから「そんなことしてダイジョブなんですか?」
みたいなツッコミが入ってましたが(´▽`*)、
秋津先生によれば
「毎日毎日やるのはダメです。膀胱炎になることがあるんですけど、
でも実際自分の膀胱のキャパシティを知ることが大切なんです」
とのことでした。





posted by prin at 03:47 | 尿漏れ・頻尿など尿トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

寝る4時間前にお風呂に入れば夜間頻尿は改善する!|足のむくみが引き起こす夜間頻尿のメカニズム|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学〜名医が診断 若返り&長生きできる!3つの悩み解決SP(2/25) その3

高齢化と共に急増する夜間頻尿!夜間頻尿の人には骨折のリスクもある!!


だいぶ遅くなってしまいましたが、引き続き、2/25のテレビ朝日系(朝日放送系)
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学
〜名医が診断 若返り&長生きできる!3つの悩み解決SP


排尿機能を若返らせ夜間頻尿を改善する秘策とは?
の話題です。

腸の若返り&便秘の話題と認知症の話題については

1日のどこかで8時間以上の空腹時間を作り、1日10分以上うつ伏せになれば腸が若返り、便秘は改善する!!|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学〜名医が診断 若返り&長生きできる!3つの悩み解決SP(2/25)


ローズマリー・レモン・ラベンダー・オレンジのアロマオイルで認知症は予防できる!認知症予備軍を正常に戻せる!!|嗅神経が認知症予防の鍵になる!|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学〜名医が診断 若返り&長生きできる!3つの悩み解決SP(2/25) その2

を御覧下さい。


ナレーションによれば、
加齢と共に頻尿や尿漏れなどの尿トラブルが増えていくが、
その中でも高齢化と共に急増しているのが夜間頻尿で、
夜間頻尿の推定患者数は約4500人
(排尿に関する疫学的研究:日本排尿機能学会誌14:1-12.2003)
番組のグラフではハッキリ数字は書いていませんでしたが見た感じ
40代で約40%、50代で約60%、60代が約80%、70代が90%弱、
80代になると95%くらいはある?(番組では"殆どの人"と言ってましたが)
という感じで、殆ど誰でもなるってことですね。

因みに
夜間頻尿とは、ナレーションによれば
就寝中1回以上トイレに起きてしまう状態
とのことですが、
Wikipediaでは
数字上の定義はないが、夜間に覚醒しての排尿障害が2回以上のものが夜間頻尿だ、
とありますので、この辺はちょっと曖昧ですね。

また、
日本大学医学部泌尿器科学系主任教授の高橋悟先生によれば、
夜間頻尿の人には、夜暗い時に寝ぼけがちにトイレに行こうとして
転倒し骨折するリスクが2倍くらい増えると言われている、
とのこと。

ナレーションの説明では
2回以上の夜間頻尿の人はそうでない人に比べて転倒による骨折のリスクが約2倍
(東北大学中川晴夫先生等の報告より)
とのことですので、
今回のたけしの家庭の医学で紹介された方法は就寝の4時間前にお風呂に入る、
ってだけですから、これで夜間頻尿が改善すればとても良いですね。




骨盤底筋を鍛えただけでは治りにくい!
夜間頻尿の原因は足のむくみだった!!


夜間頻尿に悩む人の約4割が改善したという和歌山県和歌山市では
10年前から介護予防を目的とした健康体操が盛んに行われていて
多くの高齢者が転倒などを防ぐ為に下半身を鍛えているため、
その副産物で骨盤底筋(尿道を収縮させる筋肉)も鍛えられ、
尿漏れや頻尿などの尿トラブルが改善されたんだそうですが、

高橋悟先生によれば、
夜間頻尿だけは骨盤底筋を鍛えるだけでは改善されにくい尿トラブル
なんだそうで、
和歌山市で夜間頻尿が改善した人は寝る4時間以上前にお風呂に入る
ということを行っていたんだそうです。


■夜間頻尿のメカニズム■

高橋悟先生によれば、
夜間頻尿とは昼間むくみとして足に溜まった水分が、
夜、横になって身体の中心に戻って夜おしっこが沢山出るという状態

なんだそうです。

ナレーションでは
「私達の身体は、加齢と共に足に余分な水分が溜まりやすくなると言われています。
この状態のままで就寝すると、
溜まっていた余計な水分は寝ている間に血液を通じて心臓に戻ってくる。

この時心臓で血液中の水分量を測るセンサーが反応し、
余分な水分を尿へと変えてしまうのです。
その結果、寝ている間に膀胱に尿が溜まりやすくなり、夜間頻尿になると考えられています。

高橋先生は、その足に溜まった余分な水分を解消するのにお風呂が良い、
と言うのです。
湯船に身体を浸けることで水圧によって足に溜まっていた水分が心臓に戻りやすくなり
起きている間に尿として排出しやすくなると考えられるからです。」
とのこと。


就寝4時間前の入浴が排尿機能を若返らせ、夜間頻尿が改善する!


高橋先生によれば、問題はお風呂に入るタイミングなんだそうで、

・余分な水分が尿として外に出されるには2〜3時間は必要
 (この辺は人によって異なるのかもしれません)

・和歌山の人達のように寝る4時間以上前にお風呂に入っていると
 足に溜まった水分を尿として出す効果が得られる

一般に尿意を感じる尿量は約200ccで、
 入浴して余分な水分を尿に変えて就寝前に尿量を約200ccにし、
 排出してから寝れば夜間頻尿が改善する、治る


とのことで、
30年来夜間頻尿に悩んでいる碓井由貴子さん(55)という方で実験でしたが、
わずか3日で夜間頻尿がなくなってしまいました。


やったことは
今まで朝7時半にお風呂に入っていたのを就寝4時間前に変える
ってだけです。

尿量測定器という膀胱に超音波を当ててどれだけ尿が溜まっているかを計測できる機械で
計測すると、

実験前の就寝前の尿量
⇒尿量は10cc程度と少なかったが就寝前は排尿せず、
 就寝後1時間もしない内に目覚めて排尿、更に2回目覚めて排尿
 
実験1日目
⇒尿量65ccで排尿してから就寝後3時間半1回目の排尿、更にもう1回覚めて排尿
 (でも1回は減った)

実験3日目
⇒入浴後尿量が77ccになり1回排尿、更に就寝前尿量が193ccになって排尿後就寝で
 夜間頻尿ナシでこの日以降は夜中に目覚めることが無くなった

nyoryosokutei.jpg


高橋先生とナレーションが交互に出てくるので分かりづらく、
噛み砕いて書きますが
ポイントは、
実験3日目は実験初日の4倍以上の量のおしっこが出た、ってことのようで、
就寝4時間前に入浴する習慣を付けることで尿の作られるスピードが上がっていき、
就寝前に2回3回しっかり排尿することで逆に夜中に尿が作られるスピードは落ちて、
夜間頻尿が無くなり、朝まで目覚めずグッスリ寝れる、
ってことで良いかと思います。

ただ、入浴後はお水とか飲んじゃダメなんですよね・・・きっと(;´∀`)。
それとも、入浴して身体に水分が回るので喉が渇かないのかも…

また、日本泌尿器科学会のHPによれば、
水分を摂ると血液がサラサラなって脳梗塞や心筋梗塞を予防できる
っていうのは根拠が無いそうなんで、
そっち方面はあまり心配する必要はないみたいです。

それと、日本泌尿器科学会のページによれば、
膀胱容量の減少などは勿論、
高血圧、鬱血性心不全、腎機能障害、睡眠時無呼吸症候群等々
かなり多種多様みたいですし、
和歌山市の例でも改善したのは4割の方なわけですから、
たけしの家庭の医学の方法で治らなければ病院で診て貰った方が良い場合もあるかな、
とも思います。

けど、就寝4時間前に入浴するだけなんて簡単なことで夜間頻尿が治るかもしれないので、
お悩みの方は試してみてはいかがでしょう?





posted by prin at 05:27 | 尿漏れ・頻尿など尿トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

尿もれには腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁があり、対処法が多少異なる!|簡単!骨盤底筋体操のやり方|はなまるマーケット B・マニュアル〜誰もが予備軍!「尿もれ」基礎知識&対処法(11/28)


寒い時期は特に要注意!
尿もれは40歳以上の3人に1人が体験している!!


11/28のはなまるマーケット B・マニュアルの
誰もが予備軍!「尿もれ」基礎知識&対処法
の話題です。


東京女子医科大学泌尿器科女性排尿障害センター小内(こうち)友紀子医師によると
40歳以上だと3人に1人が尿もれを経験しているとのことですが、
レポーターの庄司麻由里さんによると、
番組の為のアンケートやインタビューを通じて
50歳以上だと90%くらいの方は1回は経験をお持ちだなって実感があるとのこと。

また、10代20代でも女性の場合腹圧性尿失禁はあるそうですし、
男性にも尿もれはあるそうで(男性の場合は切迫性尿失禁が多いとのこと)
誰でも尿もれがある、又は尿もれ予備軍
だそうです。

ということで、少し時間が経っちゃったので、
まず最初にまとめです。

・尿もれには大きく分けて
 咳やくしゃみ、重い物を持った時に起こる腹圧性尿失禁
 急に行きたくなって漏れてしまう切迫性尿失禁(ドアノブ尿失禁、手洗い尿失禁等)
 がある

・寒い季節は腹圧性尿失禁も切迫性尿失禁も増える

腹圧性尿失禁の対処法は
 尿もれパッド使用、骨盤底筋体操、冷え対策、手術

切迫性尿失禁の対処法は
 尿もれパッド使用、骨盤底筋体操、冷え対策、薬治療
 (生理用ナプキンやおりものシートは成分や粘ちょう度が違うので
 吸収度も異なり、不快感やかぶれの原因にもなる)


※尚、尿失禁はかなり種類があって(参考:Wikipedia)
尿路異常の場合は真性尿失禁で手術が必要とのことですが、
一般の尿もれは尿路異常が無く周辺臓器の異常が原因の仮性尿失禁で
その中でも腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁が多いということのようです。

また、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の両方を抱えてる場合もあるそうです。




尿もれには大きく分けて腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁、2つのタイプがある


ビデオ出演されていた名古屋第一赤十字病院女性泌尿器科部長
加藤久美子医師によれば(女性泌尿器医療のパイオニアだそうです)
「尿もれは大きく分けて2つのタイプがあります。
1つが腹圧性尿失禁、もう1つが切迫性尿失禁
これは治療方法が変わってくるんですね。
自分がどちらのタイプか見極めることが大切です」
とのことでしたが、
番組でやっていた対策は病院で治療する場合以外は同じなんですよね(ノ∀`)。

ですので、
重症かなって思われる方や早く対策したい方は
病院に行かれると良いと思うんですが、
小内友紀子医師によれば
「尿もれは命に関わることはないんですが、
QOL(クオリティ・オブ・ライフ)疾患といわれ
生活の質を落としてしまう病気」
とのことですし、
尿もれのある76歳の女性への電話取材でも
「病院には行かない、病気だと思ってないから」
なんて方もいらっしゃいましたが、
最近は女性専用の泌尿器科も増えてきたそうで(とは言っても大きな病院でしょうけど)、
どうしても男性が行くイメージだった泌尿器科も
女性でも利用しやすくなってきているとのことでしたし、
人に相談できないで一人で悩んでいるっていう方は、
NPO法人日本コンチネンス協会
(排泄の相談を受けるボランティア団体)
というのが番組で紹介され、
無料特別相談を行っていることもあるそうですので、
ホームページも参考になるんじゃないかなと思います。




寒い時期は腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、共に増える


小内友紀子医師によれば、
「寒い時期は腹圧性尿失禁も切迫性尿失禁も増えますが
冬は夏に比べて尿の量が増えるので尿もれが増える
とのことでしたが、
小内先生はあまり区別して仰ってませんでしたが、
切迫性尿失禁は過活動膀胱が原因だそうで、
膀胱周りの血流を増やすのが重要って感じでしたので、
切迫性尿失禁の方が冷え対策がより重要って気がしますね。





腹圧性尿失禁とは


加藤久美子医師によれば
女性の尿もれの5割以上は腹圧性尿失禁で、
女性ならではの尿もれ
なんだそうですが、

◆症状◆

・咳、くしゃみ、重い物を持つ、走るなどで尿もれが起こり
 膀胱を風船に例えると、風船の出口が弱くなったものと言える

・縄跳びでドンと降りた時に「あれ?」っていうのも腹圧性尿失禁


とのこと。

◆原因◆

加藤久美子医師によれば
「骨盤の底には骨盤底(こつばんてい)という筋肉やじん帯の集合体があり
膀胱と尿道、子宮と膣、直腸と肛門骨盤を支えなければならず、女性の弱点と言える部分」
 (骨盤底筋とほぼ同じ意味の様です 参考Wikipedia)

「お産や年齢(加齢)で骨盤底の組織が弱くなると膀胱や尿道を
良い位置に保てなくなり、お腹に力が加わった時に尿の出口が開いて漏れる」

若くたって(尿もれは)あります
中学生でも縄跳びした時に漏れるかもしれないわけで、
女性にとって人ごとではありません」
とのこと。

ナレーションのまとめでは

・出産の時に骨盤底が傷つき弱くなること

・加齢による筋力の衰え

・肥満や便秘で骨盤底への負担が大きくなる


また、
・布団の上げ下ろしをしないベッドでの生活
・畳に座る→椅子に座る
 で立ったり座ったりする動作が減っている
・雑巾掛け→モップ掛け
・和式トイレ→洋式トイレ
など、
足腰を使わないことが骨盤底のゆるみに関わっているという考えもある(加藤医師)
とのこと。




切迫性尿失禁とは


◆症状◆
加藤医師によれば
「したいと思うと我慢できないと。
代表的な症状にドアノブ尿失禁とか手洗い尿失禁という症状があります」
とのこと。

ドアノブ尿失禁とは
 玄関のドアやトイレのドアを開ける途中で急な膀胱の収縮が起きて漏れる

手洗い尿失禁とは
 水の音を聞いたり水に触れると急な膀胱の収縮が起こり漏れてしまう

・その他、頻尿の症状が出る場合もある


26歳の番組スタッフの女性(23歳から尿もれ症状がある)の場合も、

・最寄り駅に着いた途端トイレに行きたくなり
 家のドアの目の前で前で漏れてしまう
 鍵を開ければすぐトイレなのにその時間が間に合わない

・シャワーの前にトイレに行っているのに、
 シャワーを出した瞬間にまたトイレに行きたくなる

・なんとなく行きたいっていうことがなく、すぐに漏れそうになる


なんていう症状だそうです。
 
また加藤医師によれば
「強い尿意でトイレに飛んでくだけで済む人もありますし、
ちょっと漏れる、或いは全部漏れてしまうと様々で、重症度が違う」
「ある患者さんが、デートの途中でも、
或いは(テレビを見てて)あとちょっとで犯人が判る良い場面でも
トイレに飛んで行かなきゃいけないと、
私の膀胱には黄色の信号がない、したいと思うといきなり赤信号なんです
て仰って、成る程なと思いました」
とのこと。


◆原因◆

加藤医師によれば
・切迫性尿失禁の原因は過活動膀胱という疾患の症状だと考えられてる

・普通なら尿が溜まっても我慢できるが、切迫性尿失禁の場合は
 したいと思うと膀胱が勝手に収縮し、尿もれが起こる

過活動膀胱とは
 膀胱の血流の低下で膀胱の感覚が過敏になり勝手な収縮を引き起こす
 と考えられている

とのこと。




尿もれ対策@ 尿もれパッド


加藤医師によれば
生理用のナプキンではなく、
尿もれ専用のパッドを使って生活の幅を広げるのも大切

とのこと。

番組のアンケートでも
生理用ナプキンやおりものシートで代用している人が多かったとのことですが
NPO法人日本コンチネンス協会理事で看護師の佐藤文恵さんによれば
「そもそも月経血と尿は成分も粘ちょう度も違うんですね。
ですから、合わないものを使うと不快感があったりとか
かぶれの原因になったりします。」
「(尿もれパッドは)表面の吸収の速さが何倍も違います
不快感や蒸れ方も違うし、臭いを閉じ込める工夫もされています
とのこと。


また、レポーターの庄司麻由里さんによれば、
薬局でも軽い尿もれ用パッド、量の多い尿もれ用パッドが売られていて
しかも、
3cc、5cc(超微量用)、10cc(微量用)、20cc(少量用)
80cc(中量用)、120cc(多い時も安心用)、
170cc(長時間、夜も安心用)、220cc(特に長い時間、夜も安心用)
なんて感じでとても種類豊富で色んな量に対応できるとのこと。

また、洗って再利用できるものもありますし、パンツ型のもありますし、

の様な骨盤サポーター+尿もれサポートみたいな製品もありますし、
先ずは安心して普段生活や外出できる環境が必要ということのようです。



尿もれ対策A 骨盤底筋体操


この体操は、日本排尿機能学会推奨の体操なんだそうで、
小内友紀子医師によれば女性だけではなく男性にも効果があるとのこと。
「女性の場合は尿道が4cmで、男性の場合18cmあるので漏れにくいんですが、
年齢と共に最後のキュッと締める筋肉が弱くなって後漏れの原因になるので
そこを鍛える(鍛えられる)」
とのこと。

また、庄司麻由里さんの補足で
「男性の場合、切れが悪くなった方」や薬丸裕英さんの「残尿」、
山本匠晃アナの「たま〜に出切らなかった
なんて症状にも有効とのことです。


☆骨盤底筋体操のやり方☆

@両脚を肩幅に開き、体をぶらぶらさせる

kotsubanteikin.jpg


A息を止めないで肛門をキュッと締めてパッと開く
(キュッ、パッ、キュッ、パッという感じで早めに5回)

 注意:太ももやお尻、お腹の筋肉に不要な力を入れないで、肛門だけ動かす

B肛門を閉めて5秒キープ、緩めて5秒キープを5回

C@〜Bを1セットで1日5セット。
 3ヶ月くらいやると非常に効果が出る


※尚、何時でもどこでもできるのがこの体操の良い所だそうですが、
足は必ずしも開かなくても足を閉じた方がやりやすければそうしても良く
座ってやっても構わないとのことです。




尿もれ対策B 冷え対策


腹圧性尿失禁の場合については詳しい説明はなかったんですが、
小内友紀子医師が仰ってた
冬は夏に比べて尿の量が増えるので尿もれが増える
が最大の理由かと思われます。


切迫性尿失禁の場合は
加藤久美子医師によれば
自分で出来る対処法の第一は冷え対策がすごく重要です
とのことでしたので、
自分は切迫性尿失禁だなと思う場合はまずは冷え対策です。

加藤医師によれば
「寒いとすぐにトイレに行きたくなる、漏れも増えますし
カイロとか色々使って頂くことが重要です」
とのこと。

※番組の映像では腰に使い捨てカイロを当てていましたが、
理由は言っていませんでした。
おそらく、切迫性尿失禁の原因が「膀胱の血流の低下で膀胱が過敏になる」
ですから、温めて血流を良くするってことなのかなぁ〜?と思います。



尿もれ対策C 病院で診察&治療


◆腹圧性尿失禁の場合◆

小内友紀子医師によれば
「(骨盤底筋体操で)治らない場合は手術があります」
とのことで
「20分くらいの局所麻酔の手術で3日くらいの入院で済む」
簡単な手術だそうです。

 

◆切迫性尿失禁の場合◆

骨盤底筋体操や冷え対策でもダメな場合は薬の治療だそうです。
(腹圧性尿失禁の様に手術では治らないそうで、
切迫性尿失禁の場合は上手に付き合っていくのが大切とのこと。)

薬は膀胱の勝手な収縮を抑え、膀胱容量を大きくする薬だそうですので、
重症の方やイザという時のためにって方は
お医者さんに相談して適切な治療を受けるのも良いかなと思います。



尚、はなまるで紹介された骨盤底筋体操は今まで聞いた中で一番楽な体操ですが、
3ヶ月ってちょっと気が長すぎますので、
ちょっとキツメでも良ければダイエット向けのエクササイズですが
竹田純さんのワインオープナーエクササイズ
石原祐美子さんが「尿もれが治った」って言ってましたので、
たった2週間ですのでダイエットもかねて挑戦してみても良いと思います。

また、道端カレンさんの骨盤矯正ストレッチ
手軽で頻尿や尿もれ防止になるそうですし、

正統派で運動も良いかなってことで
尿もれが最も少ない鹿児島県民に学ぶ骨盤底筋を鍛える方法|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学〜大発見!全国都道府県別 健康長寿の秘密SP第5弾(8/27)
なども参考になるかなと思いますので、宜しければ参照して下さい。






posted by prin at 04:10 | 尿漏れ・頻尿など尿トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

尿もれが最も少ない鹿児島県民に学ぶ骨盤底筋を鍛える方法|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学〜大発見!全国都道府県別 健康長寿の秘密SP第5弾(8/27)


番組がつまらなかったわけではないけれど・・・


8/27のテレビ朝日系
「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学
〜大発見!全国都道府県別 健康長寿の秘密SP第5弾」
の「尿もれ」部分の話題です。


お医者さんを呼んでしっかり原因の説明もありましたし、
取材もしてましたし、年末年始の特番みたいな酷いものではありませんでしたけど、
どうも2時間スペシャルとか3時間スペシャルって1テーマを突き詰めて的なものがなく、
わたしは間延びさせてるだけかなって気もしちゃいますよねぇ〜(´・ω・`)。


さんざん時間をかけての尿もれ対策の結論が
「坂道ウォーキング」or「階段を上る」
じゃあインパクトなさ過ぎ、
というか実践できないから困ってる人が多いわけで・・・。


ということで、多少補足しながら書こうかなと思います。



尿もれ(腹圧性尿失禁)の症状


ナレーションでは、
・パッと立ち上がった時、
・くしゃみをしたとたん
突如オシッコが漏れてしまう

とのことでしたが、
ほかにも
・大笑いした時
・重い物を持ち上げる時
・咳
・突然走り出した時
・縄跳び
・階段の昇り降り
・歩行時

など腹圧が掛かった時に尿が漏れることで、
日常の排尿には問題がない状態ですよねぇ。
(参考:Wikipedia 愛媛大学医学部泌尿器科



尿もれ(腹圧性尿失禁)の原因


尿が漏れてしまう最大の要因は膀胱を支えている
骨盤底筋の衰え


この骨盤底筋(骨盤の底にある筋肉)が衰える原因は
・加齢
・運動不足
・出産による骨盤底筋のダメージ(これが最も重要)

そのほか便秘、肥満など。

出産をする際、一時的に骨盤底筋は広げられることでその後ゆるみやすくなり、
おしっこが溜まった膀胱を止められなくなる、
するとちょっとした圧力が掛かるだけで尿がもれてしまうようになる、
とのこと。


また、前出の愛媛大学医学部泌尿器科さんによれば
女性の尿道は男性の約25cmに対してわずか4cmで、
男性には膀胱の下に前立腺があるが、女性にはないため、
尿道を締める力が弱い、

子宮が膀胱の上にのしかかり膣が膀胱に寄り添うように存在するので、
婦人科疾患にかかると尿失禁を起こしやすい、
なんていうことも書かれています。



尿もれは高齢化で患者数がうなぎ上り


番組に出演された日本大学医学部 主任教授 高橋悟先生の算出では、
(この先生、なんと2003年に天皇陛下の前立腺癌の摘出手術を担当した
医療チームメンバーだったそうですが)
推定患者数約3000万人
女性の2人に1人は経験していると考えられる、
とのこと


また、Wikipediaによれば、
35歳以上の女性が多いが、
10代20代の女性でも珍しくない
とのこと。



尿もれが日本一少ない鹿児島県の女性の行動


1人の鹿児島県の女性が生涯に産む出生率(厚生労働省平成24年人口動態統計)は、
全国で第4位の1.64人
(ちなみに1位は沖縄県の1.90人、最下位は東京都の1.09人)
と出産人数は多いのに尿もれは最も少ない、
ということで、たんぽぽのお二人の取材でした。


・グラウンド・ゴルフ(高齢者向けスポーツ)の競技人口全国1位
 (その他、バドミントン人口全国1位、バレーボール全国2位、
 日本舞踊などの踊り全国2位、剣道全国1位)

・家庭菜園をする人が多い
 (6kgもある菊の鉢を運ぶ・立ったり座ったりが多いので、
 内ももやお尻の筋肉と連動して骨盤底筋が鍛えられる)

・薩摩隼人は家事を全くしない亭主関白で、奥さん働きづめで、
 (女性は「『議』を言うな」(議=意見や提案)と教わる)
 取材した70歳の主婦(特に運動はしていない)の1日の歩数は14176歩
 (国立長寿医療センターの調査によれば、
 1日1万歩以上歩く人はそれ未満の人に比べ尿トラブルが起こりにくい
 ということが判っている。)

このほか、坂道ウォーキングの理由として取り上げられた
・鹿児島県はシラス台地という丘陵地が多く、平地が少ないので、
 日常、知らず知らずのうちに坂道を歩くことが多い
というのがありました。



骨盤底筋を鍛える方法


鹿児島県女性の真似はできない、って声が続出してましたが、
日本大学医学部主任教授の高橋悟先生がスタジオに登場し、
この方法だったら皆さんもできるんじゃないか、
ということで薦めていたのが、

坂道ウォーキング
斜度5°の坂道を上る場合、平坦な道を歩く時の1.5倍の活動量があるとのこと。
(ただし、渋谷の宮益坂の斜度はわずか2.2°だそうですので、
かなりキツイ坂を探さないとダメそう)

階段を上る
東ちづるさんの「階段でも骨盤底筋は鍛えられるということが言えますか?」
との質問に対し、高橋先生が
「重力に逆らって体を上に持ち上げる動作なんで、
筋力使いますよね。ですから階段の方がより鍛えられる可能性がある」
と答えられたので、付け加えておきました。


ですが、今回のたけしの家庭の医学で一番弱かったのが
この骨盤底筋を鍛える方法ですよね〜。


高橋先生は誰にでも取り組みやすいという意味で
「坂道ウォーキング」を薦められたんだと思いますが、
高橋先生御自身も
スポーツは本来、尿漏れ切っ掛けにもなるんですよ
と仰られていたように、
既に尿漏れの症状がある人だと、
人によっては歩く時でも腹圧が掛かれば尿漏れしてしまうわけですし、
階段だと更に、だと思います。


また、ダイエットの話なんかでも同じですが、
ダイエットとか骨盤底筋を鍛えるためだけで他の理由もなく
無意味にウォーキングしたり階段を昇り降りすること自体
あまりありそうもないことですし(犬でも飼ってれば別かもしれませんが)、
尿漏れの心配をしながら外を歩くのも億劫なわけですよね。
なんかエクササイズとかも紹介するべきだったんじゃないかと思います。


最終的にはある程度の運動は絶対必要だとしても
運動を始めるには尿漏れ用のショーツなども必要でしょうし


とか

みたいなのとか・・・

更に、本格的に骨盤矯正するなら、そのサポートになる

とか・・・。


エクササイズなら、
つい先日の石原祐美子さんが尿漏れが治ったって言っていた
竹田純さんのワインオープナーエクササイズとか
最新ウエストダイエット法ワインオープナーエクササイズ|人生の正解TV〜これがテッパン!〜 2週間でウエストが細くなるエクササイズ対決!(8/23)

ちょっと前ですが、道端カレンさんのストレッチも良さそうですし
道端カレンさん流たった1分の骨盤矯正ストレッチ〜骨盤回しと骨盤底筋エクササイズで脱ぼっこりお腹くびれをゲット・腰痛肩こり解消・頻尿尿漏れ防止|はなまるマーケット

具体的に尿漏れの話は出てこなかったですが、
内ももやお尻の筋肉を鍛えられるので中村格子先生のラジオ体操なんかも良さそうですし、
O脚改善美脚ヒップアップくびれゲットにまで効果?+肩こり腰痛便秘解消|ラジオ体操は正しく行うと良いことづくしのスゴい体操だった|所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ【美容に最適!ラジオ体操】(7/19)

尿漏れの心配をしながら外を歩くより先にできる事がありそうですので、
できるところから取り組むのが良いかなぁ〜と思いました。






posted by prin at 23:44 | 尿漏れ・頻尿など尿トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。