[冷え性・低体温・内冷え]の記事一覧

2016年02月17日

冷え性に効果的なお風呂の温度は38℃〜40℃のぬるま湯に20分!|ぬるま湯でダメなら温冷浴!!|寝る時靴下はダメ!使うならレッグウォーマーがオススメ!!|冷え性対策の防寒アイテムは腹巻き!|ショウガは加熱しないと冷え性対策にならない!〜ヒビノ先生オススメ生姜はちみつ湯の作り方!|朝食はゆでたまごでたんぱく質摂取!|タオル1枚でできる体を温める体ポカポカ体操のやり方〜ダイエット効果も!|林修の今でしょ!講座〜年配男性に急増中!実は怖い冷え性 名医が作った問題で予防&対策法を学ぶ(2/16)

ほぼ今日から始められそうな簡単冷え性対策6つ!


2/16のテレビ朝日系
林修の今でしょ!講座
年配男性に急増中!実は怖い冷え性 名医が作った問題で予防&対策法を学ぶ
の話題です。

サブタイトル通り12問のクイズ形式で原因と対策、それに男性にも冷え性が増えてきた、
なんて内容でしたが、男性の冷え性の原因はストレス、と原因がストレスじゃ対策は
あってないようなものですし、低体温や免疫力関係内蔵型冷え性について
以前取り上げて改めて各程の内容はなかったですし、
冷え性の原因各種も取り上げてますし、
その辺は割愛で簡単お手軽な冷え性対策部分6つってことで書いておこうと思います。

教えて下さったのは大阪大学医学部特任准教授の日比野佐和子先生。


わたしが見たコトある番組では日焼けとかアンチエイジングとかダイエット関係が
多かったですけど、元々は眼科の先生なんだそうで、評判がよい書籍は
自力で老眼改善関係の書籍だったりしますけど(*^o^*)。

ということで、さっそく。



冷え性対策1-1:冷え性に効果的なお風呂の入り方は38℃〜40℃のぬるま湯に20分
首まで浸かる!


手足の末端が冷えて寝つきが悪い人に是非知っておいて頂きたい入浴法だそうで、
湯上がりの後も体温をキープできるとのことです。

検証:風呂上がり1時間後の体温

42度の熱いお湯に浸かった場合

hieshou_42degrees_furo.jpg
(足先の体温が低下してしまっている)


38度のぬるま湯に浸かった場合
hieshou_38degrees_furo.jpg
(お風呂上がり1時間後でも手先足先の温度がキープされている)


この理由について林修さんと日比野先生の説明をまとめると

・体温を一定に保つ働きをしている自律神経は熱いお湯で体温が上昇すると
 血管を細くして血流のスピードを下げることで体温を下げようとするので、
 体の末端までスムーズに血液が届きにくくなり、湯冷めしてしまう

・ぬるま湯だと逆に体がリラックスして血流が体の末端まで行き渡るので
 体が芯から温まる


とのことです。


冷え性対策には首までお湯に浸かるのが重要

hieshou_kubimadetukaru.jpg

学友(ゲスト)の眞鍋かをりさんの「半身浴が良いって聞くけど寒いから首まで
浸かってるんですけど、どうすれば良いんですか?(意訳)」
との質問に対する日比野先生の回答ですが、

・半身浴だと下半身は温まるが上半身は冷えやすくなるので、冷え性対策には
 首まで浸かることが重要


・首の部分に体温上昇に関する自律神経のセンサーがある


とのことで、以前ためしてガッテンでやって話題になった半身浴は今回の冷え性に限らず
結構あちこちで否定的な話を聞きますんで、時と場合によるってことでしょうか…。
高血圧の人が熱いお湯に首まで浸かるなんていうのはいかにもダメそうですけど(ノ∀`)。



冷え性対策1-2:ぬるま湯で効果が無い人は温冷浴(おんれいよく)がオススメ!


温冷浴とは体を温めることと冷やすことを繰り返す入浴法
だそうで、林修さんの説明をまとめると

・温冷浴とはいわば血管のストレッチで、お湯に入って血管を広げ、冷水を掛けて血管を
 縮めることで血管が鍛えられ、血行が良くなる


とのことです。

温冷浴のやり方


@40度のお湯で4分間程度入浴する

hieshou_onreiyoku_1.jpg

Aその後シャワーで手足に冷水を15秒程掛ける
hieshou_onreiyoku_2.jpg

Bこれ(@〜A)を数回繰り返して行う

※最後は湯船に浸かって終わりたいところですが、「繰り返して行う」としか説明が
なかったのでどっちだか判りません(≧m≦)。まぁ普通は湯船に浸かって終わると思います
けど・・・。



冷え性対策2:冷え性対策として寝る時に靴下を履くのはダメ!
寝る時は脹ら脛(ふくらはぎ)を温めるレッグウォーマーがオススメ!!


寝る時靴下がダメな理由

hieshou_kutsushita_dame.jpg

日比野先生林修さんの寝る時に靴下を履かない方が良い理由
の説明をまとめると、

・靴下で足の毛細血管を締め付けるので(ゴムで締めてる部分)、血行不良を招くので
 冷え性対策としては逆効果

・足の裏は体温調節の為に汗を掻いているが、足の裏は汗腺の密集度が高く、
 靴下を履いて寝てしまうと汗で湿気がこもって足が冷えてしまい更に冷え性が進む
 恐れがある


とのことです。ナレーションでは
「もし靴下を穿く場合は締め付けが緩く通気性がよいモノにしましょう」
とは言っていましたが、日比野先生は「レッグウォーマーがオススメ
と言ってましたし、そもそも通気性の良い靴下で暖かい物なんてムリ有り過ぎですから
そちらに切り替えた方が良さそうです。


レッグウォーマーでふくらはぎを温めて第2の心臓のポンプの働きを助ける
hieshou_regwarmer_1.jpg

日比野先生のお話をまとめると

・オススメなのはレッグウォーマー
・レッグウォーマーは第2の心臓であるふくらはぎを温めてあげることで
 ポンプの働きを助ける


とのことで、レッグウォーマーを履いて寝て貰う検証実験では、
hieshou_regwarmer_2.jpg

通常は起床時は一番体温が低いにもかかわらず、レッグウォーマーを履いて寝た場合
起床時には全身の体温が上がり血行が良くなる

とのことです。

レッグウォーマーは冷え性対策専用な↓↓みたいな製品もありますし



市販でも取り敢えずやたらモコモコなのとか見てくれ気にしなければルーズソックスの
先っぽ切っただけみたいなのとかありますし、取り敢えずなんか巻いて寝るとか
今夜にでもやってみると良いかも。



冷え性対策3:体を温めるのに最も効果的な防寒アイテムは腹巻き!


ここからは
全身に冷えが現れることで起こる「食欲が出ない」「やる気が出ない」
という方に知っておいて貰いたい対策
だそうですが、

hieshou_haramaki_1.jpg

クイズは
「耳当て、マフラー、手袋、タイツ、腹巻きの中で、名医がオススメする最も効果的な
 防寒アイテムはどれ?」
ってことでしたが、答えは「腹巻き」だそうです。

腹巻きが冷え性によい理由について日比野先生によれば、
お腹には腹部大動脈太い血管が走っているので、より体を直ぐに温めることに繋がる
とのことです。

冷え性の人に腹巻きを付けて貰い体温の変化を見る検証実験では
hieshou_haramaki_2.jpg

30分後にはお腹周りだけでなく手や足も温まっている、という結果になったそうです。

腹巻きも見えちゃっても恥ずかしくないようなオシャレなの増えてますから
特に「もう全身冷えちゃって」なんて方は試してみると良いと思います。
【amazon】で「腹巻き」「レディース」で検索した結果
【楽天】で「腹巻き」「レディース」で検索した結果



冷え性対策4:体を温める効果がより期待できる生姜の食べ方は「加熱する」!
&日比野佐和子先生オススメの生姜はちみつ湯の作り方!!


この話題は以前に何度か別番組でもやっていましたので引用だけでも
良いかなと思ったんですが、生姜はちみつ湯が美味しそうだったので
書いておきます。

日比野先生によれば

shougaooru.jpg

・生の生姜の効果は殺菌力や免疫力UPに働くので、生で食べるのは冷え性とは別の目的

・生姜は加熱することでショウガオールという成分に変わり、このショウガオールが
 血液の循環を良くする


とのことで、ショウガティーなんかでも良いそうですが、次は
日比野先生オススメの更に冷え性に効果がある生姜はちみつ湯の作り方。


日比野先生オススメ!生姜はちみつ湯の作り方

@はちみつにショウガをスライスして1週間漬ける
shouga_hachimitsu_yu_1.jpg

Aショウガを含めてスプーン2杯分はちみつをティーカップに入れる
shouga_hachimitsu_yu_2.jpg

B熱湯を注いで混ぜて頂く
shouga_hachimitsu_yu_3.jpg


1週間漬けただけでかなりショウガなの香りいっぱいみたいで、
眞鍋かをりさんは「めちゃめちゃ出てますね、生姜のエキス」
なんて言ってましたが、日比野先生によれば

・はちみつの中に入っているオリゴ糖と生姜の成分ショウガオールが血液の循環を
 良くする
・はちみつは腸内細菌を活発化してくれるので、ダブルの効果で冷え性対策になる


とのことです。

ただ、別番組でテレビ番組でも割とお馴染みな伊藤剛先生が
「ショウガオールはショウガを蒸して干さないと作られない」
って断言しちゃってたので、1週間漬けただけでショウガオールが出るのか
っていうのがちょっと微妙なんですが、どちらもお医者さんが言ってることですし、
伊藤先生の言う通りだと紅茶にジンジャーパウダー混ぜて飲むとかちょっと粉っぽい
美味しくないものになりますので(ノ∇≦) 、オリゴ糖効果含めて味勝負なら
生姜はちみつ湯かなぁ、ってところじゃないかと。

1週間漬けるのも面倒って方はサプリですけど今レッグウォーマーがおまけで付いて
くるそうですので
金時生姜なんていうのも良いんじゃないかと思います(≧▽≦)。




冷え性対策5:朝食に食べると冷え性に効果的なものは「ゆで卵」!
ホットヨーグルトも?


「ゆで卵」「コーヒー」「サラダ」の内「朝食に食べると冷え性に効果的なものは?」
ってクイズでしたが、答えは「ゆで卵」。

hieshou_yudetamago.jpg

日比野先生林修さんの説明をまとめると

・たんぱく質は他の栄養素に比べ消化に時間がかかる分、熱を作りやすい
・ゆで卵に含まれるたんぱく質を消化する時に胃が激しく運動して熱が発生し、
 それによって体温が上昇する


とのことで、
・夕食時であればたんぱく質豊富なお肉もオススメ
とのこと。

また、日比野先生によれば、
・コーヒーやサラダは体を冷やす方向に働くと考えられている
・コーヒーは利尿作用が非常に高いので体が冷えてしまい冷え性には逆効果

とのことでした。

また、番組終了のテロップがながれコマーシャルが入った後に何故か再び日比野先生
が登場して「冷え性対策にホットヨーグルト」も奨めていました。

これは、温めることで乳酸菌が活性化し、整腸作用で冷え性対策になるということの
様でしたが、自動録画切れた後に登場したのでよく判りませんでした。
ただ、以前日比野先生が同じく今で諸講座で紫外線対策にホットヨーグルトを奨めていた
時の説明
を記事にしてましたので(一番下の方)、参考になさって下さい。



冷え性対策6:タオル1枚でできる体を温める体ポカポカ体操!ダイエット効果も!!


最近太ったって方にもオススメの冷え性対策「体ポカポカ体操」です。


体ポカポカ体操のやり方

karada_pokapoka_taisou_1.jpg

@タオルを1枚用意
A縦に四つ折りにする
Bタオルを背中に回し、肩甲骨に食い込ませる感じでわきの下に挟む
C強めに引っ張りながら左右に動かす(↓↓みたいな感じ)
karada_pokapoka_taisou_2.jpg

日比野先生も照れ笑いしながらやってましたし、
↑↑みたいに眞鍋かをりさんは最初は「何コレ、ホントに効くんですか?先生」
とか言ってたんですが
「なんか温かくなってきた気がする、え〜っ」って感じでした。

日比野先生によれば
hieshou_kasshokushibousaibou.jpg

・背中や脇の下、首には熱を生み出す褐色脂肪細胞が集まっている
・ココを摩擦すると基礎代謝を上げて熱を生み出す為、体温上昇にも繋がるし、
 ダイエットにも効果が高い


とのことでした。また↓↓の様に斜めがけにしても良いとのこと。
karada_pokapoka_taisou_3.jpg

斜めがけにして首の周りから肩の肩甲骨を締める感じ
で行うのも良いそうです。
(説明無かったですが首の褐色脂肪細胞刺激に効果があるんじゃないかなぁ〜?)

ということで、お風呂にしても靴下やレッグウォーマーにしても生姜にしても
言葉だけなら珍しくないですが、正しいやり方、使い方みたいな面では簡単で
実践しやすい良い内容だったんじゃないかなぁと思いました。







posted by prin at 02:51 | 冷え性・低体温・内冷え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

夏に冷え性を悪化させる新原因は身体の中で起きる異常な温度差!|下半身型冷え性だと冷房で一旦冷えてしまうと常温でも足先が冷えたまま戻らない!!|冷え性に効果のあるツボは築賓(ちくひん)・臀中(でんちゅう)・八風(はちふう)|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学〜夏の冷え症と夏バテの新原因が判明!今すぐできる予防&解消法SP(8/11)

夏、冷え性を悪化させる新原因は室内室外の温度差だけではなく、
身体の中(上半身と下半身)の異常な温度差!


8/11のテレビ朝日系(朝日放送系)
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学
〜夏の冷え症と夏バテの新原因が判明!


下半身型冷え性部分の話題です。

冷え性対策っていうと靴下とかレッグウォーマーとか場合によってはカイロ等々、
夏とは思えない温め系グッズが必要ですが、今回のたけしの家庭の医学は簡単なツボ療法
でしたし、検証5日くらいで改善するのでかなりナイスじゃないか?ということで
取り上げてみました。

教えて下さったのはツボ系のお話しでは高確率でテレビに登場するお馴染みの
北里大学東洋医学総合研究所漢方鍼灸治療センター副センター長の伊藤剛先生。


しかも今回のテーマの夏に冷え性を悪化させる新原因を突き止めたのも伊藤剛先生
だそうです。

伊藤先生によれば
実は夏の冷えは温度差が大きな問題になるんですね
温度差っていうと外は凄く暑くってビルの中は冷房が効いているその温度差って
 思うかも知れませんが、それも大きな要素ですけどそれ以外に別の要素の温度差が
 あるんですね

っとのことで、それが身体の中で起こる上半身と下半身の温度差なんだそうです。

最初に今回の内容をまとめておきます(主にナレーション部分)。
kahanshingatahieshou_tokuchou.jpg

・夏の身体は熱を逃がしやすくなっているので、外と室内の急激な温度変化は冷え性を
 悪化させる要因の1つと考えられている

・しかし、伊藤先生が指摘する夏に冷え性を悪化させる新原因は身体の中で起きる
 異常な温度差で、元々健康な人でも皮膚の温度とか内臓の温度等全部少しずつ異なるが、
 冷え性の人は下半身と上半身の温度差が大きく、異常を感じる、
 これが下半身型冷え性

・冷え性には全部で5つのタイプがあり、
 全身が冷える全身型、ある部分だけが冷える局所型、手足の先が冷える四肢末端型
 内臓などお腹が冷える内臓型、そして今回取り上げられる下半身が冷える下半身型
 がある

下半身型冷え性はその名の通り下半身が冷えるタイプの冷え性で、中高年に多く
 冷え性に悩む人の約8割がこのタイプと考えられており、
 特に下半身型が夏に悪くなる冷え性の特徴

・下半身型冷え性の特徴は、(冷房の効いた部屋などで)一旦身体を冷やすと、
 常温に戻っても足はいつまでも冷えたままで戻りにくく、上半身の温度は冷やす前より
 高くなりやすく、このような異常な温度差が身体に起きてしまう

・下半身型冷え性の原因は、何らかの理由で下半身の血管が収縮して血流が減り
 腰から足先に血液が行き届かず、行き場を失った血流は上半身に行き、
 必要以上に増加し上半身に熱が溜まり、足と上半身の体温に異常な差が出るため
 (冷えのぼせ状態)

・冷え性に効果のあるツボは築賓(ちくひん)臀中(でんちゅう)八風(はちふう)で、
 5日程度の検証でもかなり効果があった


とのことで、以下は詳細です。



下半身型冷え性の人に起こる身体の中に起こる温度差の検証実験
&下半身型冷え性の人の普段の症状


番組ではビデオ出演の3名の冷え性の方に伊藤剛先生監修の下半身型冷え性の人に
起こる身体の中に起こる温度差の検証実験というのをやっていましたが、
やり方はシンプルでほぼ普段冷え性が起こりやすい状況下に居て貰って
サーモグラフで体温測定って感じでしたが、歴然って感じで足先だけが
異常に体温が低くく、上半身はかなり火照り気味ですね。
(なのに上半身も寒いって方もいましたが)

尚、普段の症状については、冷え性の8割が下半身冷え性だ、ということなので
自分がそうか?そうでないか?っていう判断はあんまり必要無いかも知れませんが、
一応書いておきます。

下半身型冷え性の人に起こる身体の中に起こる温度差の検証方法

hieshou_karad_ondosa_kenshou.jpg

@冷房が効いた部屋に30分入って貰い、簡易的に冷えの状態を作り出す
A冷房を切り部屋が常温に戻った後身体の温度差をサーモグラフで測定検査


とこれだけですが、
・冷房の効いた部屋に入ると3名とも割と直ぐに冷えを感じ始めたが、
 伊東さんって方は数分後には足は冷えているが手は手汗をかく程が火照りだした
・同じく伊東さんは冷房の中にいるのに15分後には手だけではなく顔も発汗してきた
・中島さんって方も喉からお腹辺りまでが熱くなってきた

とのことで、下半身は冷えるのに上半身は体温が上がるというのが
冷え性の方には体感として判るようです。

実際検証後の冷え性じゃない人のサーモグラフと比較すると、
冷え性じゃない人は脳と足先の温度差が6.4℃程度なのに対して、
下半身型冷え性の人の頭部と足先の温度差は10℃以上
中島さんの場合はなんと足先24℃で脳の温度の差は14℃
かなり大きな差になっていて、これこそが身体の異常な温度差の正体だそうです。
(因みに小島さんって方は自覚症状はないようでしたが、実際のサーモグラフ測定では
上半身の体温は上がっていた)。

また冒頭にも書きましたが、
・下半身型冷え性の人は、一旦足先が冷えてしまうと足はいつまでも冷えたままで
 元に戻りにくく、上半身の温度は前より高くなりやすいのが特徴
 (部屋を常温に戻し30分過ぎても足先だけは冷えたまま
 (サーモグラフは真っ青)

とのことです。


@小島幸子さん(49) 主婦の場合
thermograph_hieshou_kojima.jpg

★普段の症状★
・冷え性歴20年以上
・夏はスーパーや電車などの冷房が辛い
・特に冷えを感じるのは下半身で、特に冷えを感じるのは足先。
 ももや腰も冷えている
・冷房に当たると足から冷え始め全身に広がるので、夏にも拘わらず
 クーラーの効いた部屋では靴下、腹巻き、首回りにストール、更にカーディガンの重装備
・普段は夏仕様の薄手の腹巻きを着けているが、
 医者からは「できればカイロを着けてくれ」と言われている
 (夏はカイロは売っていないので冬の間に用意するようにいわれている)


A伊東むつみさん(51) 主婦の場合
thermograph_hieshou_itou.jpg

★普段の症状★
・冷え性歴30年以上
・酷くなると冷えで眠れなくなる
・特に冷えを感じるのは下半身で、足先から腰までいつも冷たい感じ
・夏場は家族が湯船に浸からずシャワーで済ますことが多いので(風呂を沸かさない)、
 湯船に浸かる代わりに足湯、更に冬用靴下で保温。

B中島愛さん(33) 主婦の場合
thermograph_hieshou_nakajima.jpg

★普段の症状★
・冷え性歴10年以上
・夏はスーパーや電車などの冷房が辛い
・冷えを感じるのは手足、特に足先。

とのことでした。



なぜ下半身型冷え性の人は異常な温度差が身体に起きてしまうのか?
⇒夏に現れる冷えのぼせの正体&下半身冷え性の原因


ここはナレーションオンリーの説明ですのでまとめ的に。

異常な温度差が身体に起きてしまう原因■

hienobose.jpg

・そもそも下半身型冷え性は何らかの原因で下半身の血管が収縮し、血流が減り、
 腰から足先に血液が行き届かなくなることで起こる

・下半身に行き届かない血流は行き場を失い、行き場を失った血液は上半身に行き、
 上半身の血液が必要以上に増加して熱が上半身に溜まってしまう

・その結果、足と上半身の体温の分布に異常な温度差を生じてしまう、
 これこそが冷えのぼせの状態で、
 夏、冷房にあたった時、足は冷えるのに上半身が火照る状態の人は冷えのぼせの現象
 が強く起こっていることが考えられる


下半身型冷え性はなぜ起こってしまうのか?
kahanshingatahieshou_genin.jpg

・下半身型冷え性の原因は、老化に伴いお尻や脹ら脛の筋肉が凝り固まってしまい、
 その近くを通る交感神経を刺激し、下半身の血管を収縮させたり血管自体を圧迫し、
 温かい血液が足先に行きにくくさせてしまうため


とのことでした。



夏の冷え性を予防・改善!3つのツボ
⇒築賓(ちくひん)・臀中(でんちゅう)・八風(はちふう)


伊藤剛先生がスタジオに登場しての解説でしたが、
この3つのツボは伊藤先生が実際に診察や治療で使用している下半身型冷え性に効くツボ
なんだそうですので、期待して良いんじゃないでしょうか。
この3つのツボは
・冷えを感じた時に押すと直ぐ温かくなる、
・今冷えが無くても予防になる

のが特徴だそうです。


@築賓(ちくひん)

tsubo_chikuhin1.jpg

・築賓は足のふくらはぎの内側にあるツボで、内くるぶしと膝の関節を結んだ線の
 下から3分1くらいの位置で、頸骨(けいこつ)のちょっと下側

 (ナレーションでは「ツボを押して痛みを感じることこそ下半身の血流が悪くなっている
 証拠」と言っていましたので、よく判らなければ痛い所を探して押せばよいかと)

・押す力は、ハンコを押す時にちょっと力を入れる時程度の力加減で押し、
 ふくらはぎを両側からつかむように押すと効果的

tsubo_chikuhin2.jpg

・築賓を1回に押す時間は5秒で、5秒経ったらゆるめる。
 これを1セットとして左右5セットずつ行う



A臀中(でんちゅう)
tsubo_denchu.jpg

・臀中の位置は左右のお尻の少し上側で、骨盤の一番下の骨と太ももの付け根を底辺とした
 正三角形の頂点にあり、指で押してみてコリを感じたり痛みが出ればそこがツボ

・効果的に押すにはソフトボールや軟球などの大きさのボールを使うのがよい


とのことで、やり方

1.仰向けになり両膝を軽く立てる
tsubo_denchu_method1.jpg

2.ボールを臀中の辺りにセット
tsubo_denchu_method2.jpg

3.反対側の腰を浮かせて動かしながらボールで押す
tsubo_denchu_method3.jpg

4.左右それぞれ30秒間行うと、下半身に向かうお尻の血管の血流が回復し、
 冷えの改善が期待できる

tsubo_denchu_method4.jpg



B八風(はちふう)
tsubo_hachifu.jpg

・八風の位置は、足の指の付け根の左右それぞれ4ヵ所

押し方
(ナレーションが押し方と言っていたのでそう書きましたが、添えた手でツボを押してる
わけではなく、ただ曲げてるだけです。押しちゃいけないわけでもないでしょうが、
やってみると判りますが手の親指又は小指を絡めて足のツボ4点を同時に押すのは
たぶん無理(ノ∇≦*) 。)

1.足の指を足の裏側に向けて強めに曲げる
tsubo_hachifu_method1.jpg

2.この状態で5秒間キープ
tsubo_hachifu_method2.jpg

3.5秒経ったらぱっと離す
tsubo_hachifu_method3.jpg

4.これを1セットとして左右5セットずつ行う
tsubo_hachifu_method4.jpg

5.足指の末梢血管の血流が回復するので足がポカポカになる
tsubo_hachifu_method5.jpg

とのことでした。

↑↑の小島さん(49)と伊東さん(51)に再び協力して貰っての検証(たった5日)を
行っていましたが、

・伊東さんはスーパーの冷房対策にロングカーディガンにロングスカートを着込んで
 出掛けていたのが、Tシャツに素足でもダイジョブに、クーラーの効いた部屋での家族との
 団らんでもモコモコ靴下なしの素足でOKと大幅改善

・小島さんもノースリーブに素足で全然ダイジョブ、全身が冷えていたのが暑さを
 感じているようで、今迄は1人の時はエアコンすら点けてなかったのが
 しっかりエアコンを点けて、夕食の家族団らん時も熱帯夜でもエアコンを切っちゃって
 たのが点けていてもダイジョブになって御家族の不満も無くなった

なんて状況でツボ効果覿面って感じでした。
ツボ療法ってその時は気持ちよかったり症状が改善してもすぐ戻っちゃいそうな印象で
続けるのも大変って気がしてたんですが、5日でこんなに改善するならいくら何でも
その程度なら続きますし、サボっちゃってもまた「やればいいや」って程度の期間ですし、
是非!って感じですね。

ただ、ツボって探しにくくてよく判らないってこともあると思うんですが、
(番組での説明は一応漏らさず書いたのでこれ以上説明できませんが)
そういう時は1回だけ鍼灸院にでも行って確実に場所覚えてくるとか、
伊藤先生の書籍でも立ち読み(できるか判りませんが…)して試してみるとか、
工夫する価値はあるかなって印象でした。






posted by prin at 07:30 | 冷え性・低体温・内冷え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

冷え性に生のショウガは役立たず!〜蒸して干さないと体温を上げる効果のあるショウガオールができない!!|伊藤剛先生式家庭でも簡単にできる冷え性対策ストレッチ!|ジョブチューン〜名医が大集結!!医者SP(2/21)

冷え性に良いと言われているショウガは
生で食べてもほとんど体を温めない


2/21のTBS系
ジョブチューン〜名医が大集結!!医者SP 医療ドラマのウソ・ホントをぶっちゃけ
の話題です。

nama_shouga.jpg

生のショウガのままじゃ冷え性にあまり効果が無いって話は
以前にも取り上げたことありますが↓↓、
体温が36度を下回ると低体温!免疫細胞の動きが悪くなり癌など病気のリスクが高くなる!!|寒い冬を乗り切る朝用夜用最強ホットスムージー!!|世界一受けたい授業〜低体温は病気の危険信号!今日からできる簡単ポカポカ術(11/22)
その点に関してはジョブチューンの方がチョットだけ詳しかったのと、
冷え性対策ストレッチがあったので取り上げてみました。

教えて下さったのは北里大学東洋医学総合研究所の伊藤剛先生(内科医)。

番組の紹介では
「東洋と西洋の2つの医学から冷え性を研究している冷え性のスペシャリスト」
とのことでしたが、
一般向けにはツボの本しか書かれていないようですね(評判はかなり良い感じ)。
内科の先生ですし、漢方系は万能っぽい部分もありますから何でもお任せ的な
感じなのかも。

伊藤先生の
ショウガは生で食べても体を温めることは殆どありません
発言に対しては、女性も含めてタレントさん達
「え〜っ??」
って感じで、案外知れ渡ってないみたいですね。

「風邪を惹く度にショウガ食べてたのは無駄だったのかぁ?」
とか涙ぐましい努力をしてた方もいました(*≧m≦*)。

以降詳細内容ですが、同じジョブチューンの認知症の話題については
認知症を発症しているかどうかはたったひとつの質問をするだけで分かる!|2日遅れの日記を付ける認知症予防法|アポE4遺伝子を持っているとアルツハイマー病のリスクが最大10倍!|認知症の予防にはワインと乳製品|アルツハイマーを予防する太ももの前側を鍛えるトレーニング!等々|ジョブチューン〜名医が大集結!!医者SP & 世界一受けたい授業〜(2/21)




体温を温めるショウガオールはショウガを蒸して干さないと作られない!


伊藤剛先生のお話をまとめると、

・すり下ろした生のショウガそのものには体を温める成分はそれ程含まれていない

・(生のすり下ろしショウガを)食べてこの辺(胃から胸の辺り)がポカポカするのは
 生のショウガに含まれるジンゲロールが温度受容体という温かさとか冷たさを
 感じるセンサーを刺激するからだが、実際の体温を上げる働きはない

・しかしショウガを蒸して干した乾姜(カンキョウ)であればジンゲロールが
 ショウガオールに変化しており、ショウガオールには体温を上げる働きがある

・(生)ショウガ自体は良い物で、腸管の粘膜の血流を増やしたり等胃腸には非常によい
 ので、生ショウガと乾燥させたショウガは別物だと考えた方が良く、
 生ショウガで冷え性を良くしようとか体温を上げようとするには
 「生のショウガは役立たず」


だそうです。
(伊藤先生の真顔での駄洒落「ショウガとってもショウガない」(ノ∀`))。  

ということで、以前にも紹介しましたが、飲み物や食べ物で摂るなら


↑↑みたいなドライフルーツ状の物や粉末の物、
或いは持ち歩きに便利な↓↓のようなサプリメントタイプの物かが良さそうですね。





伊藤剛先生式家庭でも簡単にできる足指を曲げるだけ冷え性対策ストレッチ!


ホントに簡単でちょっとジワーッとくる感じですので、
今冷えてるって方はこのストレッチを試してみると良いと思います。

冷え性対策ストレッチのやり方

hieshou_stretch.jpg

@椅子に座ったまま脚を組む
A足指を裏側に曲げる(足の甲を伸ばす感じ)
B5秒間くらいキープしてぱっと離す
C左右の足5回ずつくらい繰り返す(これを1セットで1日1セット、冷えてる時にやればよい。)


と、たったコレだけなんですが、
進行の田中みな実アナ
「血が流れてる感じがしますぅ」
とか誰が言ったか不明ですが
「こんなに変わるもん?」「先生、こんなの初めて」
とか評判良い感じでした。

わたしはコレやってみた時、実はあまり冷えてなくて(≧m≦)
冷えが解消した実感は無かったですが、そこそこ気持ちは良いので、
「今冷えてる」って方は是非試してみて下さい。






posted by prin at 00:17 | 冷え性・低体温・内冷え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

体温が36度を下回ると低体温!免疫細胞の動きが悪くなり癌など病気のリスクが高くなる!!|寒い冬を乗り切る朝用夜用最強ホットスムージー!!|世界一受けたい授業〜低体温は病気の危険信号!今日からできる簡単ポカポカ術(11/22)

日本人の平熱が下がっている!低体温だと癌・脳卒中・心筋梗塞等のリスクが…
低体温は冷え性や低体温症とはチョット違うらしい


11/22の日本テレビ系
世界一受けたい授業〜低体温は病気の危険信号!今日からできる簡単ポカポカ術
の話題です。

1ヶ月程前のTBSのいっぷくクリニックでは池谷敏郎医師が内冷え(うちびえ)
と呼んでましたが、低体温内冷え同じものと考えて良さそうですね。
体温36℃以下は内冷え(うちびえ)に注意!〜免疫力が落ちて風邪など感染症が悪化、更に心疾患の恐れも!!〜2分でポカポカ!冷え解消エクササイズ・・・|いっぷくクリニック!体の冷えの新常識・・・(10/21)
なので重複ネタですが、呼び名も違いますし対処法(食べ物など)も多少違いますし、
普通に冷え性だって場合でもそのまま取り入れれば効果見込めそうですので、
(やっぱりスムージーは魅力(*^o^*))
取り上げておこうと思います。

ナレーションの説明では
日本人の平熱1957年には平均36.89℃だったのが
医療機器メーカー(テルモ体温研究所)の2008年の調査では36.14℃
-0.75℃も下がっているんだそうです。

東京有明医療大学教授 川嶋朗(かわしまあきら)先生によれば


36℃を下回る体温は低体温と考えて良い

・低体温だと体内のウィルスなどと戦う免疫細胞のリンパ球
 がん細胞を倒す白血球の一種のT細胞の動きが悪くなり、
 免疫細胞の動きが悪くなると言うことは病気にかかるリスクが高くなるということ

・低体温だと癌(がん)にかかわらず脳卒中や心筋梗塞(心臓病)にもかかりやすくなる
 (冷えは万病のもと)

・体温は1℃下がると免疫力が約30%低下する

・冷え性と低体温の違いについては
 冷え性気付いている人が多い
 低体温自覚はないが何となく体温が低い、という人もいる

とのこと。

また、オムロンのHPにも
「低体温は病名ではなく医学的に厳密な定義はないが
一般に36℃未満の体温を低体温という」
とのことで、やはり女性に多いようですね。
番組の街頭インタビューでも20代女性が
「35度2分です」だの「35度台ですね、結構低め」なんて答えていました。

また、低体温症はっていうと冬山の登山の凍死なんかでよく聞きますが、
Wikipedia:低体温症によれば直腸体温が35℃以下(恒常体温の下限を下回る状態)
なんていう区別のようです。




「自分は低体温?」低体温セルフチェック!


川嶋朗先生によれば、1つでもあれば低体温の可能性があり、
現在低体温でない場合は低体温予備軍の可能性がある
とのことです。
@ 冷たい食べ物や飲み物をよく摂る
A 便秘や下痢になりやすい
B きつめな服をよく着ている
C 肥満気味である

この理由について(@Aについては言及なし)、川嶋朗先生によれば
Bきつめの服を着ていれば血の巡りが悪くなりますから体温が落ちる

C脂肪は血管がないので温めるモノがなく、脂肪自体は冷たい
 太っている人は一見温かそうだが、脂肪は断熱材で外から温めようとしても
 なかなか温まらない


※Cの理由は「え?え?え?」って感じですよね〜。太ってる人は
 暑そうにしてますけど・・・(´▽`*)




川嶋朗先生伝授!体を温める簡単なコツ@ 運動=大股早歩き


川嶋先生によれば、大股で歩く早足で歩く、というのが良いそうで
大股早歩きエネルギーの消費量を増す

oomata_hayaaruki.jpg

「ちょっと嫌だな、って思うような日常の動作を少しきつくするだけで良いんです」
とのことです。




川嶋朗先生伝授!体を温める簡単なコツA 食事=みかん・生姜・人参・ラム肉…


川嶋先生によれば、
■特に効果的なポカポカ食材=みかん、特にみかんの薄皮やスジ

mikan.jpg

なんだそうで
・みかんにはヘスペリジンという物質が含まれ、
 ヘスペリジンは血管を強化し血行を良くするので冷えによい
・ヘスペリジンは実よりスジや薄皮に多く含まれている

とのこと。

また、渡辺徹さんの「薄皮が良いってことは皮はどうなんですか?」との質問に対し
・柑橘系の皮にはリモネンという香りの成分があり、リモネンは血行を良くしたり
 リラックス効果があるので、柑橘系の皮の香りを嗅ぐとポカポカ効果を引き出せる

とのことです。

ここからは「どちらがポカポカ効果が高いか」ってクイズ形式でしたのでまとめて。
(悪いとされる方が全面的に悪い訳じゃないですが)


乾燥させた生姜>生生姜
ginger_raw_dry.jpg

⇒辛味成分で殺菌力のあるジンゲロールの一部が血行を良くするショウガオール
 に変化するので、ほかほか効果は生の数倍UPする
⇒乾燥ショウガは紅茶に入れたり、粉末にして味噌汁に入れる等使用法がある

とのこと。

乾燥生姜の作り方はこの辺かな(cookpad)って感じですが、
電子レンジでやっちゃう人も居るようです(同じくcookpad)。
低体温や冷え性だけど乾燥生姜作るのは面倒って方は業務用がやはり安いですね。

ジンジャーパウダーじゃダメなのかな?とも思いますが、味噌汁やスープ系には
良いと思いますが、紅茶はちょっと粉っぽくて美味しくないかも・・・。


ラム肉>鶏肉
lamb_chicken.jpg

⇒肉はタンパク質が豊富で、胃腸で消化・分解する際熱を発生するので温まるが、
 ラム肉はポカポカ効果を期待できるLカルニチンを多く含むが、鶏肉には殆ど
 含まれないので、ラム肉の方が良い
但し、Lカルニチンは水に溶けやすく熱に弱いのでラム肉は焼きすぎない方が良い

とのこと。
(ラムは焦がすのは勿論ダメで、キツネ色一歩手前くらいにソテーでしょうか?)


人参>トマト
carrot_tomato.jpg

⇒ニンジン等の根菜をしっかり噛むと脳からヒスタミンが分泌され、
 ヒスタミンには体に熱を生み出すスイッチを入れて体を温める働きがある
⇒また、人参はジュースにしても生姜に匹敵するポカポカ効果があるという研究も
⇒トマトにも血流を良くするビタミンC・Eが含まれるが、水分やカリウムも多く
 利尿作用が高まり熱を逃がしやすい

とのことです。

また、渡辺徹さんの「僕は大根が好きなんですけど・・」との質問に対し、
川嶋先生によれば
「確かに根菜は(体を)温める食材と言われているんですが、大根やカブは水分が多く
例外的に冷やし食材と言われている
とのことですが
「大根やカブは熱を加えて食べれば食材から熱を貰えるので絶対にダメだ、
ということではない」
とのことで、おでんとかはOKだそうです。




川嶋朗先生オススメ!簡単に作れる最強のポカポカ料理=ホットスムージー
の作り方


朝用と夜用、2つのホットスムージーが紹介されましたが、
大まかな効果の違いは朝用は即効性、夜用は安眠ということみたいです。

■朝用 最強!ホットスムージーの作り方■チン

smoothie_morning.jpg

何が朝用と言えるのか?について川嶋先生によれば
「ショウガの温め力は即効性があり、冬の寒い朝にこれを摂るとその場で
ポカポカになる。甘さが欲しい方はハチミツを入れても良い」
とのことです。

☆作り方(2人前)☆
smoothie_morning2.jpg

@別容器に乾燥ショウガ0.5gにお湯150mlを注いでおく

Aミキサーにニンジン100g、薄皮が付いたままのミカン2個分を入れ、30秒ほどミキサーにかける
 @の乾燥ショウガをお湯ごと入れる



■夜用 最強!ホットスムージーの作り方■
smoothie_night.jpg

川嶋先生によれば、
「シナモン風味の小松菜のグリーンスムージーで、安眠効果が期待できる
プルーンを加えています。
プルーンにはトリプトファンという安眠効果が期待できるアミノ酸が含まれ、
更に、乾燥プルーンをつかうことで食物繊維が増えて腸にも良い、
また、シナモン最強の温め食材でもある」
とのことです。

☆作り方(2人前)☆
smoothie_night2.jpg

@ぬるま湯で軽く戻した乾燥プルーン3粒と湯通しした小松菜130g、
 そして60℃くらいに温めた豆乳200mlをミキサーに注ぎ込む
A最後にシナモンを小さじ1/4程入れて約20秒ほどミキサーで混ぜて完成


乾燥プルーン(ドライプルーン)も毎日使うとなるとやはり業務用でしょうか?


お味の方ですが、ゲストの清水一希さんがしみじみと「美味しい」って言いながら
飲んでましたし、渡辺徹さんは両方OK(≧m≦)
吉本実憂さんはニンジン嫌いらしいですが朝用も喜んで飲んでましたし、
なかなか良さそうでした。
(まぁ、材料みれば大体美味しいって判りますよね。)

ということで、低体温の方は勿論、これからどんどん寒くなってきますから、
冷え性の方も取り入れてみると良いかもでした。






posted by prin at 03:33 | 冷え性・低体温・内冷え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

体温36℃以下は内冷え(うちびえ)に注意!〜免疫力が落ちて風邪など感染症が悪化、更に心疾患の恐れも!!〜2分でポカポカ!冷え解消エクササイズ|寒くなると手足が冷えて布団に入っても眠れない冷え性の人必見!〜池谷先生考案まるまるポーズ!!|いっぷくクリニック!体の冷えの新常識〜知らぬ間に進む内冷えが危険!(10/21)

内冷え(≒内臓型冷え性?)は知らないうちに進行し免疫力低下!
冷え性で安眠できない人の為の池谷先生式まるまるポーズ!!


10/21のTBS系
いっぷく!いっぷくクリニック

体の冷えの新常識〜知らぬ間に進む内冷えが危険!36℃以下は要注意!!
の話題です。

医療法人社団池谷医院院長で東京医科大学客員講師の池谷敏郎先生、
(↓↓は「いっぷく!」で紹介されてた書籍)


同じTBSの駆け込みドクターにも出演されてますから、「いっぷく!」と
どうも話題が被りがちであまり取り上げてなかったんですが(ノ∀`)、
やっぱり季節でしょうか?冷え性・内冷え・冷え性の人の安眠法など
ちょっと良い方法かなっていうことで取り上げてみました。
先日の「林修の今でしょ!講座」も冷え性取り上げてましたが
朝1杯の冷たい水と正しい肩甲骨の回し方・股関節の動かし方で冷え性は予防できる!|林修の今でしょ!講座 林修がこの秋学びたい3つの特別授業3時間SP〜名医がやっている予防法講座 秋から深刻に…!冷え性(10/14)
とやり方全然違いますので、自分に合う方選んでも良いですし、
簡単なので両方取り入れても良いですし、特に冷え性向け安眠法は聞いたこと無い
気がするので良いかな〜なんて思います。

尚、「内冷え(うちびえ)」について池谷敏郎先生の説明では
本人が気づかない内に体の内側が冷えてしまっている(無自覚)所謂「内冷え」が
現在増えていて、重篤な心疾患のリスクが2〜3倍になる
「体温は日中でも変化するんですが、突然死をする時間っていのは
体温が低い時に集中的に起こることも判っている」
ということで手足の末端冷え性よりも内冷えは危険なほか、
免疫力が落ちて感染症にかかりやすくなる
とのことでしたが、内冷え≒内臓型冷え性、かもしれませんね。
冷えも色々ありますし、池谷先生もハッキリ説明してませんでしたので
ちょっと微妙ですが、出演者の岩下尚史さんが男性にも拘わらず体温35.6℃で
「内臓型冷え性かもしれない」と池谷先生が仰ってましたので・・・。
(因みに「内冷えは女性だけでははなく男性にもあるので要注意」とのこと)



体温が36℃以下の人は「内冷え(うちびえ)」かも!
心疾患の原因になる危険な「内冷え」を見分けるポイント!!


「内冷え」だとどういう病気になるのかについては↑↑に書きましたが、
池谷医師によれば
内冷えの見分け方=一般的に体温が36℃未満だと内冷えと言える
とのこと。

街頭インタビューというか実際に体温を測って貰ったところ
・薄着で元気そうな60代くらいの女性の体温が35.4℃
・代謝が悪くてむくむという30代くらいの子供連れの女性がやはり35.4℃
・冷え性とかはそうでもないという50代後半くらいの女性はなんと33.8℃
という感じで、選んで映像編集したんでしょうけど、
案外、普段体温なんか計らないので気づかないけど、知らないうちに内冷え
になってる人は多いのかも知れません。

因みにいっぷく!の調査では20人の平均体温の平均は35.9℃
1957年に行われた調査では(日新医学第44巻より)36.89℃だったそうで、
半世紀ほどで1℃も下がっているんだそうで、
池谷先生に因れば
昔の水銀体温計は37が赤い字で書いてありましたよね。
あれ、危険の赤ではなく当時の平均的な体温を赤にしてた。
昔は平均体温が高かったので。今でも37℃あっても発熱とは言わない
とのことですんで、それじゃ内冷えも増えるよねぇ、って感じ…(;´∀`)。

suigintaionkei.jpg



体温以外にもこんな症状があれば要注意!=内冷え予備軍チェックリスト


体温が低い以外に以下の項目に当てはまる人は内蔵冷えの可能性が高まる
とのことです(幾つ以上というのはナシ。多ければ可能性が高まる)。

■内冷え予備軍チェックリスト■
@風邪を惹きやすい   ⇒免疫力の低下
Aあまり食べないのに太る⇒代謝が良くない
Bお通じが悪い     ⇒便秘も下痢も内臓の機能が落ちている
C運動週間がない    ⇒熱を作るポイント
D食事を1日3回摂らない ⇒熱を作るポイント
とのことでしたが、池谷先生によれば
「内冷えは生活習慣の改善で治すことが出来る」
とのことで、次は食事法と運動法です。




内冷え解消法@ 食事


池谷先生によれば
・冷えにくい体、熱を作りやすい体を作る為に
 そのエネルギーを作る食事がポイント
・食事は内冷えだけでなく手足の末端冷えにも有効

とのことで、


ポイント1 タンパク質を摂る!

chiken_tomato.jpg

鶏肉たっぷり豆乳スープトマトたっぷりミネストローネ
どちらが冷え性によいか?」ってクイズ形式でしたが、
答えは鶏肉たっぷり豆乳スープ

池谷先生によれば
熱を作るには筋肉を作ることが大切なんです。
 長期的には筋肉の素になるタンパク質を十分に含んだ食生活が大切で、
 ミネストローネなら豆を入れるとかが良い」
とのこと。


ポイント2 朝食にオススメ⇒ほかほかのおむすび(おにぎり)
hieshou_onigiri.jpg

冷え性対策には朝、おむすび(おにぎり)を食べるのが良いんだそうで、
特にほかほかのおにぎりが良いんだとか。
池谷先生によれば
・炭水化物は熱を作り出す即効性がある
・根本的にはタンパク質が大切だが食べて直ぐ後の体温は肉なんかより
 おにぎりの方が圧倒的に高い(池谷先生が実験したらしい)

とのこと。

※池谷先生によれば「子供が学習する時の頭のエネルギーにもなる」とのことですが、
ダイエット考えてる人は朝に糖質たっぷりなおにぎり2個はちょっと・・・
って感じですが(ノ∀`)、その時々の判断ですよね〜。
代替に冷え性にはやっぱり生姜ってコトで、豚肉の生姜焼きとか良いかも
知れませんが、朝から生姜焼きもチョット・・・ですし・・・(;´∀`)

また、池谷先生によれば
「朝を抜いてしまう人って結構いらっしゃるじゃないですか?
熱を作るには朝からしっかり食べてエネルギーを補給するっていうのが
大切なんですよ」
とのことですんで、とにかく何か食べなきゃダメですね〜。




内冷え解消法A 運動=2分でポカポカ!冷え解消エクササイズ!


池谷先生によれば「何と言っても運動」だそうですので(´ω`)、
■2分でポカポカ!冷え解消エクササイズのやり方■

2fundepokapoka_hiekaishou_exercise1.jpg

@椅子の背を片手で触る(足を前後に動かすのでスペースを取る)
A片脚を伸ばしながら前に振り上げる
 (つま先は足を上げる時に上に向ける(自分の方に引き寄せる様な感じ))
Bその足を後ろに振り上げる(つま先は伸ばす)
CABを繰り返す 両足30秒ずつが1セット1日2セット


注意点!
2fundepokapoka_hiekaishou_exercise2.jpg

池谷先生によれば、
Aの「つま先は足を上げる時に上に向ける(自分の方に引き寄せる様な感じ)」
Bの「つま先は伸ばす」

が重要で、
・大きな筋肉を動かすことが熱を作り出すことになるので太ももの筋肉を動かす
・つま先を動かすのが大切で、脹ら脛(ふくらはぎ)を動かすことによってポンプ
 が働くので、太ももを動かして熱を作り、脹ら脛のポンプで熱を循環させる

とのことでした。

因みにAは「振り上げる」って字幕説明でしたが、池谷先生の説明では
勢いよく振り上げるって感じでではなく、ゆっくりで構わない雰囲気です。
それでも太ももと脹ら脛を使うので思ったよりはキツイ感じですよ。




手足が冷えて布団に入っても眠れない人の為の安眠法!
=池谷先生考案まるまるポーズ!!


視聴者からの質問ということで、
寒くなると手足が冷えて布団に入っても眠れないことが多くあるのですが
何か効果的な冷え対策はありますか?(52歳女性)

とのことでしたが、

池谷先生によれば、
「起きている時は食事や運動に気をつけて熱をどんどん作ることが
大事って言いましたね。
でも実は夜は少し違うポイントがあるんですね」
とのこと、
冷え性の人は勿論なかなか寝付けない人必見!
 池谷先生考案
 冷え性の人でも安眠できる方法を伝授」
だそうで、

■池谷先生考案まるまるポーズのやり方■

hieshou_fumin_marumaru_pause1.jpg

@寝る前に布団の上で正座
A両手の平を両脇にギュッと挟み込んで体を丸める
Bこのまるまるポーズで2〜3分瞑想(めいそう)


瞑想と言ってもただじっとしてれば良いみたいですが、
ナレーションの説明では
・人は眠りにつく時手足から熱を放出し体の内側の体温を下げる
・しかし冷え性の人は手足が冷えているため熱を放出できないので
 なかなか眠りにつけない
・しかしこのポーズ(腕組みをした状態で体を丸めると)をすることで
 手足の血液の流れが一度止まり、2〜3分その状態を続けた後に手足を
 解放することによって手足の先まで血液が流れるので体内に溜まった熱を
 効率的に手足の皮膚の表面から体の外に逃がして上げることが出来る

とのこと。

また、池谷先生によれば
「一度温まった体を効率よく冷やしてあげることで(深部を冷やすことで)
 快適な眠りを得られるんですよ。
 その為に手足の血管を広げて循環を良くして熱を少し逃がしてあげる
 これが大事なんです」
とのことでした。

実際に指先の冷えに悩むAD田中安美さん(23)って方で実験したところ
hieshou_fumin_marumaru_pause2.jpg

一目瞭然って感じで手足が温まってた、って感じですので、
寝る時は湯たんぽや靴下必須!なんて方は是非試してみると良いかと思います。






posted by prin at 00:55 | 冷え性・低体温・内冷え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。