[がん・癌予防]の記事一覧

2014年06月18日

済陽高穂医師式癌を予防・再発防止する食事療法!|番組主治医が実践するガン予防法!〜南雲流なで洗い…|癌の自覚症状|癌の予防のために受けるならこの検査! |主治医が見つかる診療所〜助かるガンが増えてきた今 ガン予防&早期発見SP(6/16)

結構役立ちそう!癌の予防・再発防止・治療に効果のある食事療法、 番組主治医のガン予防法・自分が受けるならこの検査&癌の自覚症状あれこれ

6/16のテレビ東京系
主治医が見つかる診療所〜助かるガンが増えてきた今 ガン予防&早期発見SP
の話題です。
(ここのところseesaaブログさんが盛んにメンテナンスしてて夜に管理画面に 入りづらい等で記事が遅れ気味ですが…)

癌の話ってかなりアチコチの番組でやってますが、
大体は早期発見、検診受けろ〜、ってだけの内容だったり、
こんな手術法や放射線治療の機械があるよ〜って紹介だけの内容だったりで、
今回の主治医が見つかる診療所みたいに、自力解決法とまでは行かなくても
自分である程度出来る具体的食事療法での予防法、再発防止法の話題って
珍しいですし、番組主治医の先生達がやっている予防法や自分が受けるならこの検査
等々、かなり視点が異なってて面白かったので取り上げてみました。

番組全体としては癌の予防法や発見法がメインでしたが、
済陽高穂(わたようたかほ)医師の生活改善食事療法は予防・再発防止だけでなく、
治療中の方にも一定の効果がありそうで、現在治療中の方、癌患者さんを抱える御家族
といった切実な悩みを持つ方にも役に立つんじゃないかって内容でしたので、
それをメインに書こうかなと思います

書籍のレビューも癌治療中の方や、御家族の方でお父様が末期で3ヶ月と言われたが
この食事療法を取り入れて1年6ヶ月に寿命が延びて親孝行出来た、なんていうのも
あるので、試してみる価値のある食事療法かと思います。



癌を治療する生活改善指導=食事療法8か条

東京都板橋区の西台クリニック院長で消化器外科の済陽高穂(わたようたかほ)医師(68) は、番組ナレーションの紹介によれば
「癌の早期発見に力を入れPET/CT検査や超音波等の最新の機器を使い
小さな内に見つけられるよう努力する一方、癌を発症し治療を始めた患者さんには
ある生活改善法(食事療法8か条)を加えて行うよう指導しています」
とのこと。

因みに、PET/CT検査PET検査とは、
独立行政法人国立国際医療研究センター放射線核医学科のHPによれば
PETはpositron emission tomography(=陽電子放出断層撮影) の略で、
放射線薬剤を体内に取り込ませて放出される放射線を特殊カメラで捉え
画像化する検査、
とのことで、また済陽高穂医師が院長を務める西台クリニックのHPにはPET検査が得意な癌、不得手な癌
なんて話も掲載されていますので御参考に。

で、済陽高穂医師の食事療法8か条とは、

内容 理由
@ 限りなく無塩(1年間) 塩分は海草・魚介類に含まれるので不要
A 動物性タンパク質・脂質を制限 四足歩行動物の蛋白質は発癌性が高い
B 新鮮な野菜と果物をたっぷり摂る(1日1.5kg) 酵素が免疫賦活、フィトケミカルが活性酸素除去
C 胚芽を含む穀物・豆類・イモ類を摂る 胚芽はビタミン・酵素が豊富、大豆イソフラボンが乳癌・前立腺癌の増殖抑制
D 乳酸菌・海草類・キノコ類を摂る 乳酸菌は悪玉菌の増殖抑制、海草のフコイダン、キノコのβグルカンが免疫賦活
E レモン・ハチミツ・ビール酵母を摂る レモンはビタミンC・クエン酸、ハチミツの花粉が免疫賦活、ビール酵母はアミノ酸
F 油はオリーブ油かごま油 現代人は多価不飽和脂肪酸(サラダ油等)が過剰、オリーブ油ごま油は一価不飽和脂肪酸
G 自然水の摂取 水道水の塩素やフッ素が活性酸素を増やす
(理由は番組では殆ど触れられなかったのでamazonのレビューで多少補足)

とのことで、済陽高穂医師が勧める食事療法の基本は
手術・抗ガン剤・放射線治療の三大治療に加えて徹底した食事療法を行う というもので、

済陽先生も
「私は食事療法だけで癌を治療しようという風に思ってる訳ではないんです」
と仰ってましたし、
済陽先生が食事療法を考えた切っ掛けが、
医者になった当時、癌の治療は手術で、若い頃は手術を相当やり
手術で何とか癌を治したいと思っていたが(今まで約4000件の手術)、
今から14〜15年前、ある総合病院で外科部長を務めていた当時
癌の手術に成功した患者を追跡調査したところ、
再発などにより48%の人が5年以内に亡くなっていて驚愕、
自分では7割前後は助けてるんだろうなと思っていたのにそれが5割ちょっと、
これでは申し訳ないと何とか癌の再発を食い止めるための研究を始めた、
とのことで、
食事療法は三大療法と併用して行うものと考えていらっしゃるようですが、
食事療法自体の効果もかなりあるようで、
済陽高穂医師によれば
癌の治療に加えてこの食事療法を実践した患者さんの中で
何らかの改善が見られた方がおよそ6割いたそうです。

番組でビデオ出演していた
実際に癌を患いその生活改善法を実践している埼玉県の吉田賢さん(68)は、
4年前にお腹が痛くてPET検査をしたところ癌病巣が見つかり
(悪性リンパ腫=リンパ節にできる血液系の癌)、
「悪性リンパ腫の5年後生存率自体は50% ステージはU」といわれ、
癌の専門病院で抗がん剤治療を開始、
それに加え、高校の同級生だった済陽医師その生活改善法も実践したところ、
「6ヶ月後に(年明け1月)PET検査をやったら『消えてますよ』と言われ、
癌その物の病巣の影は消えていました。」
yoshida_cancer_6month.jpg
「基本的には抗がん剤の効果だと思いますけど、副作用が少なかったとか
体質改善して今後は(癌に)ならないという意味で
私は効果があるんじゃないかと思います。」
とのことで、食事療法だけで癌を治すのは無理としても、
抗ガン剤の副作用を減らせる、再発を防止できる、辺りは充分期待できそうです。



ガンを予防する済陽流食生活

アメリカのハーバード大学が発表した癌発症の原因では、
喫煙30% 食事30% 運動不足5% 家族歴5% 飲酒3% その他27%
なんだそうですが、

森一博医師(消化器内科)によれば
「家族歴を除けば7割近い確率68%で生活習慣が大きく関わっているっていうことが
判っていますね。ある意味癌は生活習慣病ということができる」
とのことでしたが、

済陽先生の食事療法8か条は元々癌治療や再発防止のために考えられたようですが、
済陽先生自身も癌ではないですが予防として食事療法の一部を実践しているそうです。
済陽先生によれば
「私の指導してる食事療法の半分くらいやれば癌の予防には非常に役に立つ
と思っています」
とのこと。

ガンを予防する済陽流食生活のポイントは次の2つ

@野菜・果物をバランス良く1日に750g以上摂取

・癌の患者さんは1日1.5kgの野菜果物を食べるのを勧めているが、
 1.5kg食べろと行ってもなかなか摂れないので、癌の予防を目指すんであれば
 その半分くらい750gの野菜果物を摂ることが大事
 (因みに、先生は750g中野菜が700g)

・癌の予防には野菜ポリフェノールが非常に有効で、
 人体で発生する有毒性物質の毒性を打ち消すため、癌予防に効果的



A塩分1日6g以下

・日本人の塩分摂取量は平均で1日平均男性11.3g 女性9.6g
 (厚生労働省「国民健康・栄養調査2012」)だが、
 塩分が増えると細胞の中のミネラルバランス(カリウムが追い出されてしまう)
 が崩れて 細胞が傷むと癌化してしまうので1日摂取量は5〜6g制限する
 減塩生活をするのがよい(因みに癌患者さんは無塩生活1年間)


・40-59歳の男性1万9000人にアンケートしその後10年間追跡調査を行った所
 食塩摂取量の最も少ないグループに比べ最も多いグループは胃癌のリスクが
 約2倍というデータもあり、他のガンにも影響していると考えている

とのことですが、
済陽先生が行ってる内容が実際に映ってて、先生が説明していましたので
その内容を記載しておきます。
(ちょっとセンスが…って思う部分もありますが…(ノ∀`))

●済陽医師の朝食

watayou_breakfast.jpg
※順当に野菜中心の朝食って感じで、四足動物のタンパク質はベーコンくらい?
 ただこれだけの品数の朝食(まぁ作り置きはあったにしても)、何時も作ってたら
 奥様が疲労でダウンしそうですが…先生が食事療法を実践出来てるのは
 ほぼ奥さんのおかげなんだそうです(*≧m≦*)。

●大量に野菜・果物を摂るにはやはりジュース(200〜300cc)

 ☆済陽医師の(というより済陽医師の奥様の)ジュースレシピ
cancer_juice.jpg
 2人分
 キャベツ1/4個 小松菜2株 セロリ1本 ニンジン1本
 リンゴ1個 グレープフルーツ1個 レモン5個


 基本的には野菜が中心 飲みやすくするために果物を加えてるんだそうです。
 また、栄養成分が劣化するため作り置きをしないで1回で飲む分だけを作る
 とのこと。
●ミキサーではなくてジューサーでゆっくり搾った方が
 細胞の劣化が少なく栄養成分の保存がよい


 とのことなんですが、ウチはフードプロセッサーで何でもやっちゃってたので
 ジューサーとミキサーって何が違うの?って感じなんですが(´∀`*)
 AllAboutの記事によれば、
 ジューサー=食材を細かく砕いて細胞壁を壊し、濾(こ)して水分だけ絞り出す
 ミキサー=細かく切り刻んで撹拌(かくはん)する
 だそうです。
   ↑↑のように明らかに形が違うのもありますが、
 見た目変わらないのもあったりして よく分かりませんが・・・
 それに細胞壁が壊れるならジューサーの方が栄養成分が劣化しそうな
 気もしますし・・・さっぱり判りません(ノ∀`)。

 尚、済陽先生の奥様は搾りかすはコロッケや餃子などの具材にして
 残さず食べる(食べさせる)んだそうです。


●納豆は殆ど薬味で食べ、醤油は殆ど使わない
watayou_natttou.jpg
ここからは塩分についてですが、済陽先生は納豆の薬味におくら、しらす干し、
ミョウガ、鰹節等を納豆が見えないくらいドッサリ入れるそうで。


●焼き魚(ホッケ)はレモンとかゆずの風味で殆ど塩分を使わない
 →塩分を含まない調味料を上手に使うのが味付けのポイント


●山椒、唐辛子、からし、生姜、ワサビ等色んな調味料を使って工夫すれば
 塩を全く摂らない風味のある料理をよく食べられる


 と済陽先生は仰るんですが、この辺からが済陽先生の異様なセンスで、
hiyayakko_shoga_wasabi.jpg
(冷や奴に生姜とわさび同時載せ)
くらいならまだ我慢出来そうですが、
hokke_curry.jpg
ホッケにカレー粉

nattou_curry.jpg
納豆にカレー粉 

  hokke_sansho.jpg
ホッケに山椒

medamayaki_shichimitogarashi.jpg
目玉焼きに七味唐辛子
辺りはちょっと・・・特に、あの粉っぽいカレー粉を焼き魚とか納豆に掛けるだけ
ってのは正直マネしたくないですね(丁医師とか平気でやりそうですが…(〃▽〃))


尚、食べ方の最後にちょっとマトモなのを。
●どうしても醤油を使いたい時は減塩醤油と酢を3:1で混ぜて使う
soysaurce_vinegar.jpg
とのことですが、これも酢を入れたら明らかに味が違う物になりますから、
食べ物によりけりかなぁ〜と・・・・。


☆秋津壽男医師のコメント

「これは癌予防には良いなと思うし、いわゆる長寿食、血圧もメタボも含めて。
ただ、癌になった患者さんがコレで治るかっていうとそういう物ではない
あくまで癌治療をしっかりした上で再発予防の体質改善、補助療法として
考えて下さい」


☆姫野友美医師のコメント

「塩分に関しては腎臓に負担が掛かるので、塩分は控えめにして、
腎臓に負担が掛からない様にしておくと。
で、まぁ、色んな臓器を守っていくという意味ではよろしいのかなと思います。」


☆丁宗鐵医師のコメント

「果物は確かに理論的にはよい様な気がするんですが、
ただ今の果物は(品種改良によって)果糖が多すぎる糖分が高すぎるんですね。
それを摂りすぎると癌の患者さんにはあまり良くないと。
ここは注意しなければいけない。」

とのことでした。



番組主治医が実践するガン予防法

一応単独のコーナーではありましたが、割に短いコメントでした。
でも、特に女性には役立つんじゃないかな、と思います。

■森一博(消化器内科)医師⇒お通じは速やかに抱いちゃった方が良い

森一博医師のコメント
「私はお通じを感じた時、なるべく早くトイレに行って出しちゃう。
ちょっと我慢しちゃうと便意が消えちゃうんですよね。
そうすると次出る時、酷い時は翌日になっちゃったりしますね。
せっかく色んな有毒な物をまとめて腸に送り出してくれてるわけですから
それは速やかに出しちゃった方がイイ」


■南雲流ガン予防法⇒身体のなで洗い

南雲吉則医師のコメント
「皆さん身体を洗う時にナイロンタオルとかスポンジなんかで
身体を洗ってね、そうしてゆすぐとたくさん洗面器に垢が浮くじゃないですか。
そうすると『ああ、汚れが落ちた』って言うんですけど、
アレは実は皮膚の保護膜なんですよ。

皮膚の表面にある角質であるとか又は皮脂、脂ですよね、
それから善玉菌っていうのはこれは肌を守ってくれてるのをごしごし
擦っちゃうものだから冬なんか白い粉が拭いちゃってですね痒くてしょうがない、

だからそういうことを予防して若々しい肌を保つためにはなで洗い程度で
良いんだよと。

身体のなで洗いを美容のためにやらしているとですね、そうすると
腋の下とか胸触ってたりすると乳がんが見つかったり、甲状腺癌が見つかったり
或いは大橋巨泉さん(中咽頭ガンのステージIVと診断された)みたいに
首のリンパ節のしこりが見つかったりして癌予防にもなって一挙両得ですよと。

で、こういうお話するとですね、必ずテレビを見てる方が
その場でやるんですよね。
で、次の日になると3人くらいの方から『癌が見つかりました』って
こういう風に連絡が来ます。だからこれ(なで洗い)はかなり有効」

とのことでした。

ガンの自覚症状とは?

森本智子アナによれば
番組調査で172名中110名6割以上の方に何らかの自覚症状があったとのこと。
自覚症状がない患者さんも4割近くいる訳ですから、
やはり定期的な検診を受けることは必要な訳ですが、
番組で取り上げられた自覚症状と主治医の先生のコメントを紹介しておきます。

【自覚症状の例】

・膀胱癌が63歳で見つかった男性
 ⇒疲労がなかなか取れなくなった

・喉頭癌が57歳で見つかった女性
 ⇒風邪の様な微熱がずっと続いた

・肺がんが54歳で見つかった男性
 ⇒急にお腹周りが太り汗をかきやすくなった

・胃がんが49歳で見つかった女性
 ⇒やたらと氷が食べたくなった


最後の「やたらと氷が食べたくなった」(=冷たい物を欲しがる)
というのは、癌患者に結構ある症状なんだそうで、
丁宗鐵医師によれば、
「冷たい物っていうのが癌患者さんの特徴で、
最近ではアイスクリームを食べるって人が多い。

夏アイスクリームを食べるっていうのは普通なんですけど、
寒い時でもアイスクリームが欲しくなる
アイスクリームなんか買って食べたことのないお父さんが
コンビニ行ってアイスクリーム買って帰って自分で食べてたら
もう絶対癌の検診が必要
、これは私、自信があります。

コレ漢方では昔から病気がほしがらせるという考え方があるんです
冷たくて甘くて栄養価のある物をがん細胞が欲しがる
これ消化器系の癌だけじゃなくて他のどこの癌でもこういう現象は見られます。」

とのことですので、急に冷たい物をやたら欲しがるようになり、
それが長く続く(秋津先生)のは危ないカモ知れませんね。


秋津壽男医師

癌を疑う特徴
・些細な本人だけが判る様な微妙な不調感がある、それがとにかく続く
・不調が些細だけどちょっとずつ悪くなる



上山博康医師
何時もの食べ物が何かちょっと違って感じる、これサインかも知れないですね。
一番最初の症状は従来美味しかった物があんまり美味しくなくなる
だから嗜好が変わる、例えばすごい濃い口になったとか薄口になったとか
急に変わったっていうのはちょっと危ないかなと。」

とのことでした。

また、上にもちょっと書きましたが、
中咽頭ガンだった大橋巨泉さんは自分で触って判ったことなので、
これも症状有りってことになるかと思いますが、
両乳房が乳癌だった麻木久仁子さんは自覚症状はなかった様で、
普通の健康診断は毎年受けていたけどマンモグラフィ(Wikipedia)
受けたり受けなかったりで、止めようと思ったけど、
たまたまお子さんの幼稚園時代のママさん達とのおしゃべりを思い出して
受けたら乳がんが見つかった、とのことでしたので、
少なくとも自覚症状はなかったようです。

でも、十二指腸乳頭部ガン清水国明さんの場合は、
癌が見つかるかなり前(5年)からもっとはっきりした自覚症状が
あったそうで、
コーヒー飲みすぎや脂物を摂った時お腹が痛くなり
痛くなったら打ち合わせでも何でもちょっとゴメンなさい
って感じで横になる程(後ろから叩かれると治る)、
だったそうです。

南雲吉則医師によれば、
「お話し聞いてみるとガンの目は5年前にあった。
脂っこいものを食べた時に痛くなるというのはそれを消化するための
消化液とか胆汁酸というやつがでてくる訳ですね。
そこの出口の所に炎症があって詰まっているからトントンと叩かれると
ビュッと出てくる訳ですね。それで治ると。
だから何でその時に検診しておかなかったのかという話になります。

その時に検診しておけばひょっとしたら炎症で見つかったかも知れない
けれどもそれはポリープだったかも知れないですね。」
とのこと。

また丁宗鐵医師によれば
「清水さんみたいな方(30代でバイクレーサー等アウトドアの達人、
50代の時暴飲暴食、睡眠不足等)は、私、芸能界には多いと思いますよ。
非常に精力的で無理が利いて遊びでも仕事でも徹夜でも何のその。

それからこういう人というのは食事を抜いても平気なのが特徴なんです
熱中すると抜いちゃうんですね。
漢方ではこれを実証(じっしょうじゃなくて『じつしょう』)といいまして、
こういう人がみんな癌になっていくんですよ。

元気なんですよ。だからなんであんな元気だったヤツが急に癌になって
死んじまったんだろうってみんな疑問に思うんだけど、
身体が丈夫なんじゃないんです。

東洋医学の考え方では疲れを感じる神経が鈍い奴なんです。
ホントに身体が丈夫だったら癌にならないです。
身体は普通なんです、並の身体なんだけど
疲れを感じる神経がチョイと鈍いから、疲れを感じない、
自分は体力ある、根性もある、そう思っちゃうんですよ。
それが病気をもたらす。」

とのことで、こういった辺りが癌でおかしいか、そうでないのかのポイント
だと思いますので、ちょっとでも思い当たる方はやはりがん検診を受けた方が
良さそうですね。



癌の予防のために自分が受けるならこの検査!
番組主治医がお薦めの癌の検診項目!!

アチコチの番組で出てくるアンジェリーナ・ジョリーさんが受けたという
ガン遺伝子検査については高額なのと、
(以前は30万くらいって紹介されてましたが、今回の主治医が見つかる診療所
では10万くらいって字幕が出てましたが安くなったんでしょうか?)
秋津先生や姫野先生、南雲先生が指摘する様に、
・ガンの遺伝子を持つ人が必ず感になる訳でもないのに恐怖に怯え
 就職や縁談に影響する場合もある
・不安を抱えて逆に病気になる
・秘密が漏れて保険に入れなくなるとか、社長さんがそうなら株価が下がるとか
・科学的根拠がまだ充分でなく国もまだルールを決め切れてない
など色々問題ありそうなので、今回は(も)取り上げません。

で、秋津先生、姫野先生、南雲先生のお薦めの癌検診
(癌の予防のために自分が受けるならこの検査)
ってことで紹介されてましたので書いておきます。
(お医者さんが自分が受けるならって言うんだから
結構手堅いかも)

■秋津壽男医師⇒自治体検診+胃カメラ■

秋津先生の説明では
「一番ベーシックスタンダードコースです。
自治体検診というのは予算の限られた中で一番効率の良い
しかも定期的に受け手も身体にダメージが来ない検査
ということで、選びに選んだエッセンスが自治体検査

コレを基本にやっておけば肺がんと心臓の病気、血液検査でいくつかの癌は判る。
ただ、胃腸の癌は判りにくい。
腸については自治体検査でも便の潜血検査(便の中に血が混ざっているか調べる検査) ってのがほぼ付いてるので、
胃の方、バリュームよりは胃カメラの検査をセットに1年に1回やっておけば
まず問題ない」
とのこと。


■姫野友美医師⇒尿検査■

是非受けて欲しいお手軽な検査です。


実は尿中のジアセチルスペルミンという検査があるんですね。
(ジアセチルスペルミンに付いての詳しい説明は企業ページではありますが、
シー・アール・シーの説明が比較的判りやすかったです。
ジアセチルポリアミンは癌患者における増加の割合が際立って高いので
注目されている腫瘍マーカーなんだそうです。)

で、この検査を受けますとどこかわからないけど身体の中に
がん細胞の様な細胞増殖が活発に行われているというのが出てくるんですね。

尿、簡単に摂れるのでコレでもし値が高い場合は紹介して
きちっと画像診断を受けて頂く、非常に簡単。」
とのことです。


■南雲吉則医師⇒便の潜血反応■

便の潜血反応は秋津先生と被っちゃいましたが、
南雲先生はご自分じゃなくて女性向けとして
・子宮の細胞診
・マンモグラフィ

を推奨していました。

ということで、タレントさんの体験談部分は殆ど削除して
なるべくまとめようと思ったんですが、元が2時間スペシャルで、
かなり多岐に渡る内容でしたのでまたまた長〜くなってしまいましたが(^^ゞ、
一部分でも参考になれば、と思います。





posted by prin at 13:03 | がん・癌予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

抗酸化作用パワー??アスパラガスに含まれるナイアシンは二日酔いに、ブロッコリーに含まれるはスルフォラファンは発ガン防止、エビの赤い色素アスタキサンチンは美容とがん予防に!!|ホンマでっか!?TV〜ホンマでっか!?レストラン(9/4)

ホンマでっか!?レストランの抗酸化作用な話題


引き続き、9/4のフジテレビ系
「ホンマでっか!?TV〜あなたが知らない危ないクセ」
の話題ですが、今回は「危ないクセ」の方じゃなくて
「ホンマでっか!?レストラン」のコーナーでの
先生方の発言が色々面白かったので、それを取り上げようと思います。


横浜の中国広東料理店旭酒楼の林孝雄(りん・こうゆう)さん
を呼んで、林さんが「あんかけ炒飯」を作るのを見ながらの雑談でしたが、
「あんかけ炒飯」、とっても美味しそうだったんですが、
細かいレシピが出てるわけじゃなかったのでレシピは省略ですが、
普段でもちょくちょくTVで取り上げてる抗酸化作用の話が
やたら多くて、
今後またテレビ番組のネタになりそう気がする話も多かったので。



アスパラガスは二日酔いに効果的!?


生物学評論家 池田清彦によれば、
(生物学者で早稲田大学教授、山梨大学名誉教授)
「アスパラは色んな薬効があるといわれてて、
抗がん作用とか抗炎症作用利尿作用とか・・・。
で、最近アスパラねぇ、二日酔いに効くってことが判ったんで・・・。」
とのこと。


そういえば、以前主治医が見つかる診療所の姫野友美先生が、
「二日酔いに良い」とは言ってなかったけど、
「肝臓によいおつまみ」ってことでアスパラガスの肉巻き
を勧めてましたね。
姫野先生によれば
「アスパラガスには肉を分解するナイアシンやビタミンCが多く・・・」
って仰ってましたが、
肉食中心の生活で肝臓を元気に!アルブミン値を上げて長寿と美肌ゲット+ダイエット|主治医が見つかる診療所〜肝臓が元気になれば長生き!痩せる!肌キレイになるSP(7/29) その2

どうやらこのナイアシンは代謝アップのほかに、
アルコールの分解エネルギー産生
血中のコレステロールや中性脂肪の減少作用
アレルギー症状や高血圧などの改善
なんかの効果があるようですね。(参考:kotobank)


今後、健康系の話題でまた出てくるかも。



ブロッコリーに含まれるはスルフォラファンは抗酸化作用が強く、
最強の発ガン防止物質と言われている!?


スポーツ心理学者児玉光雄先生(追手門学院大学客員教授)によれば
「特にスプラウト(新芽)にはスルフォラファンが多く含まれてて、
野菜の中では最強の発ガン防止物質。
だからブロッコリーは特に中高年の方には絶対オススメですね。」
とのこと


これもチョットですけど、先日のはなまるマーケットで
夏老化のシミ・しわ・たるみを食い止める食材&抗酸化物質として
ブロッコリーとスプラウト、それにスルフォラファン(参考:Wikipedia)
が取り上げられていましたね〜。


これもまた何かの切っ掛けに他番組で登場しそうな予感・・



エビ・鮭・いくらの赤い色素の成分アスタキサンチンの抗酸化作用は
ビタミンEの数千倍ある!?


内科医で医療評論家のおおたわ史絵先生によれば
「エビの赤さっていうのがすごく医学界で注目されてて、
アスタキサンチンって成分なんですよ。」

「で、エビも鮭もいくらの赤いのも同じ色素なんですが、
あれが抗酸化作用、先ほどからでている細胞の老化を防いだり、
癌化を防いだりする作用
ビタミンEの数千倍あるといわれてるんです。」

「で、エビの中でも目に一番多いんですね。
で、なんで目に多いのかというと、エビは目が出てるんですよ。
だから体の一番弱い弱点なんですね。
その弱点をそのアスタキサンチンっていう色素で守っているんじゃないかと。」

「いくらっていうのも、鮭はすごく浅い所に卵を産む魚なんですね。
あんだけ浅い所に産むと紫外線にやられちゃうんですよ、普通は。
だけど、いくらは赤いことによって自分を紫外線から守っているという、
だからアスタキサンチンの赤い成分っていうのは、
かなり色んなものを秘めている可能性があるんですね。」
とのこと。


※アスタキサンチンは目にも良いらしいんですが(参考:Wikipedia)、
しわ・たるみなどの美容・アンチエイジング系サプリとして既に人気がありますね。

美容を前面に押し出したサプリもありますが、


しわ・たるみ対策だけじゃなくて
がん予防効果とか紫外線からの保護とかの効果があるっていうなら
アスタキサンチン系のサプリとかの方が良いかなって感じですね。



オイスターソース・醤油をフライパンにジュッとたらすと出る香
ばしい香りメラノイジンには抗酸化作用がある!?


これもスポーツ心理学者児玉光雄先生の発言ですが、
これはかな〜り微妙かも。


児玉先生によれば、
「オイスターソース、今、林さん入れましたけど、
中華鍋のところにパッと垂らしてですね、
かんばしい香りがスッとするオイスターソースの香りですね、
ものすごくいいんですよ。」

「あのー、メラノイジンというですね、抗酸化作用のあるですね、
お醤油なんかジュッというアレ、良いんですよ。
オイスターソースの中にアミノ酸と糖質が、アレが熱で結合して
メラノイジンというのが出来るんですよ。
で、それ抗酸化作用に良いんですよね。」

「生活習慣病の予防とかですね・・・。」
とのこと。


※ただ、メラノイジン抗酸化作用があるのは間違いはなく、
例えば、味噌なんかは優れた抗酸化作用があるみたいですが
(参考:Wikipedia「メイラード反応」)、
その一方でたんぱく質(アミノ酸)と糖分を高温加熱して作られる食品には
糖化たんぱく質(AGEs=糖化最終産物)が含まれるので、
逆に、肌のくすみの原因になったり、
白内障動脈硬化の進行(高血圧症)に繋がったり
って可能性があるんじゃないかなぁ〜と。


詳しくは、
ブルーベリーでお馴染みのアントシアニンが老化を防ぐ?|老化が進む!?「糖化現象」とは|駆け込みドクター!運命を変える健康診断〜真夏の芸人ドックSP(8/26)
を見て頂ければと思いますが、
あの香ばしい香りがなかったら中華は勿論、
他の料理やお菓子を食べる楽しみを失わせちゃいますから、
そんなに神経質になる必要はないかな〜、とは思いますけど、
児玉先生のこの話はかな〜り???かなと(´ー`)。



posted by prin at 04:07 | がん・癌予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

たった一晩で大腸がん予防に効果のあるS-アリルシステインを簡単に増やすニンニク塩麹の作り方&レシピ!|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 2時間スペシャル〜本当にカラダに効く食べ物が判明SP(8/13) 本編その3


ホントはもっとS-アリルシステイン増やせるんじゃないかって疑問は多少残るんですが…( ̄ー ̄)


引き続き8/13のテレビ朝日(朝日放送)系
「みんなの家庭の医学 2時間スペシャル〜本当にカラダに効く食べ物が判明SP」の

話題です。
チョコレートのエピカテキンで高血圧・動脈硬化予防する話題については

チョコレートに含まれるエピカテキンが高血圧と動脈硬化を予防改善する(血管若返り)!|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 2時間スペシャル〜本当にカラダに効く食べ物が判明SP(8/13) 本編その1
を、
ニンニクにしか含まれないS-アリルシステインが大腸がんを予防する話題の
詳細というかメイン部分は
ニンニクにしか含まれていないS-アリルシステインがNK細胞を活性化しガン、特に大腸ガンを予防する!|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 2時間スペシャル〜本当にカラダに効く食べ物が判明SP(8/13) 本編その2
を御覧下さい。


番組は、青森県十和田市のにんにく農家の方達が
ニンニクを醤油・酢・焼酎などに1年〜3年間漬けたニンニクのS-アリルシステインが
生ニンニクの10倍以上あったことから、
家庭料理研究家で人気の奥薗壽子さんと、
順天堂大学医学部付属練馬病院栄養科係長の高橋徳江先生が協力し、
ニンニクのみじん切りをレンジで加熱してから塩麹と混ぜ、
わずか1晩の熟成させただけでS-アリルシステインが2.7倍になる
ニンニク塩麹」を考えた、って内容なんですが、
勿論、個人がS-アリスシステインの含有量を計測するなんてことは無理なので、
断言はできないんですが、ちょっと論理的に変かなぁ〜と思いました。


何故かっていうと、
お二人が実験する過程で、
ニンニクおろしを1晩置く→S-アリルシステインが減っちゃった
ニンニクのみじん切りを1晩置く→何もしない生ニンニクの1.8倍
ニンニクのみじん切りをレンジで加熱してからを1晩置く→1.3倍
ニンニクおろしを塩麹とまぜ1晩置く→1.6倍
となったことから、
「みじん切り+電子レンジで加熱+塩麹」で相乗効果っていうんですが、
どう考えても「みじん切り+塩麹」で電子レンジ無しの方が
相乗効果が高いんじゃないかなと思います。
1.8倍効果があるものに塩麹混ぜた方が
1.3倍しかS-アリルシステインが増えなかったレンジ加熱ニンニクに塩麹まぜるより
良いに決まってますから(ノ∀`)。


それでも1晩で2.7倍にS-アリルシステイン増えたのは、
塩分か麹の相乗効果ですよね。
青森県の農家の方のつくった保存食で一番熟成が早かったのが醤油漬けで、
塩麹と塩分と麹が共通しますから。
たぶん調味料として使いやすいとか、ニオイを抑えるとか、保存を考えたか
そういう理由で電子レンジで加熱ものを採用したんじゃないかと思います。



ニンニク塩麹の作り方


ちょっと余計なこと書いちゃいましたが(*^o^*)、
レシピの元となるニンニク塩麹の作り方です。
スーパーで売ってると思いますけど、ご近所で塩麹売ってない場合は


通販もあります。


材料
ニンニク 1玉
塩麹 50g

※塩麹は大さじ1杯あたり塩分2gのものだそうです。


作り方
@皮をむいたニンニクを5mm程度の大きさでみじん切りにする
Aこれを器に入れラップを掛けて電子レンジ500Wで20秒加熱

※ほんのり温かいくらい、にんにく臭がほのかに香る程度が目安だそうです
Bニンニクと塩麹を密閉袋(普通のビニール袋)でよく混ぜる
C日の当たらない室温で一晩寝かせれば完成

※このニンニク塩麹大さじ1杯と生ニンニク1片が同じ量、
つまり、
大さじ1杯で普通の生ニンニク2.7片分のS-アリルシステインを
摂取出来るとのこと。


ニンニク塩麹は冷蔵庫で3ヶ月間くらいは保存できるとのことです。
奥薗壽子さんによれば、
「漬け込むことによってS-アリスシステインが
増える可能性“も”あるので多めに作ると良いんじゃないかなと思います」
とのことでした。



S-アリルシステインはいいけれど塩分に注意


厚生労働省の推奨する1日辺りの食塩摂取量標量は
女性7.5g未満 男性9g未満
1食に換算すると女性2.5g 男性3g未満に抑えなければいけないけれど、
ニンニク塩麹大さじ1杯分=塩分0.7gとのことですので、
いくらS-アリルシステインが良くても摂りすぎには注意!
とのことで、奥薗壽子さんが1人前塩分2.5g未満の
S-アリルシステイン豊富な減塩料理公開です。


奥薗壽子さん、「ズボラ人間の料理術」なんかのほかにも
「奥薗壽子の超かんたん! [極うま]減塩レッスン」


なんていう本も出してますから、この辺はバッチリでしょう。



暑い夏でもサッパリ!ニンニクと海苔のお刺身サラダのレシピ


材料(2人前)
焼き海苔 全形2枚
ニンニク塩麹 大さじ2
ゴマ油 大さじ1
ワサビ 小さじ1
みりん 大さじ1/2
醤油 大さじ1
カツオ刺身用 小1サク(200g)
かいわれ 1パック
大葉 10枚
みょうが 3個
レモン 適宜


作り方
@カツオを薄切りにし、ボール等で塩麹と混ぜる
A焼き海苔をハサミで細かく切り、
 醤油、みりん、わさび、ゴマ油と混ぜ合わせる(海苔ドレッシング)
B@を平たいお皿に並べる感じでのせ、
 Aの海苔ドレッシングをカツオ1片1片に載せるような感じで
 まんべんなく掛ける
Cかいわれ、大葉、みょうがを載せ、レモンを掛けて出来上がり
 説明はなかったですが、
 かいわれは適度に切り、大葉は千切り、とみょうがは輪切りでした。

※試食した出演者は塩分が少ないようには感じなかったそうですが、
奥園さんによれば、海苔ドレッシングがドロっとしてるので、
流れず口に入り塩分をしっかり感じることができるんだそうです。



旨味たっぷりオクラ入り肉団子のレシピ


材料(2人前)
豚ひき肉 150g
卵 1個
オクラ 10本
えのき 小1袋
大根おろし 100g
ニンニク塩麹 大さじ2
片栗粉 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
ポン酢醤油 大さじ2
コショウ 少々


作り方
@えのきをみじん切りしてポリ袋に入れ塩麹と混ぜてもむ
 (えのきから水分が出てがしんなりするくらいまで)
A@に豚のひき肉、卵、コショウも入れ更にしっかりもむ
B更に、オクラを厚めに切り(といっても5mm程度でしょうか)
 これもAに入れてもむ(これで肉団子の種ができあがり)
Cビニール袋の口は縛って閉じてハサミでビニール袋の角を切って
 肉団子の種を絞り出して片方の手で一旦受けて形を整え、
 オリーブ油をしいて熱したフライパンで焼く
D両面に焦げ色が付いたら、仲間で火が通るように
 フライパンにフタをして弱火にして2〜3分蒸し焼き
E大根おろしを載せ、ポン酢醤油を掛けて出来上がり



こんがりキツネ色!トウモロコシの落とし焼きのレシピ


落とし焼きってお好み焼きみたいなものと思って頂ければ。


材料(2人前)
鶏ひき肉 100g
トウモロコシ 2本
小麦粉 100g
ニンニク塩麹 大さじ2
塩 少々
オリーブオイル 適宜
粗挽きコショウ 少々


作り方
@トウモロコシを包丁でこそぐ
A小麦粉と水200ccを混ぜ、塩少々と粗挽き胡椒少々混ぜる
B鶏のひき肉とニンニク塩麹をビニール袋に入れてもみ混ぜ、
 ビニールの口を閉じ、底をハサミで切ってAの中に絞り出す
 (2〜3cm程度の長さで分ける感じで大雑把に)
C更にトウモロコシも加え混ぜるが、
 この時ひき肉の塊が残るように混ぜるのがポイント
 (ひき肉に付いた塩味で塩分を感じられるように)
Dフライパンにオリーブオイルをしいて熱し、
 Cを適当に分けてフライパンに載せて焼く。
 焼く時はフタをしない方がサクサク感が出る
E両面がキツネ色になるまで焼いたら、最後に粗挽き胡椒を適量掛けて完成




【注意】
「ニンニクの刺激成分によって腹痛や下痢を起こす場合がありますので、
胃腸が弱い方は必ず担当医にご相談下さい」
とのことです。


posted by prin at 08:47 | がん・癌予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニンニクにしか含まれていないS-アリルシステインがNK細胞を活性化しガン、特に大腸ガンを予防する!|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 2時間スペシャル〜本当にカラダに効く食べ物が判明SP(8/13) 本編その2

まずは、ニンニク・ S-アリルシステインと大腸ガン予防のまとめ

8/13のテレビ朝日(朝日放送)系
「みんなの家庭の医学 2時間スペシャル〜本当にカラダに効く食べ物が判明SP」の
のニンニクにしか含まれないS-アリルシステインが大腸ガン予防するの話題ですが、
1日経っちゃいましたので、まずはポイントをおさらい的に(´∀`;A。

チョコレートに含まれるエピカテキンが高血圧・動脈硬化に効果的って話題は
チョコレートのエピカテキンで高血圧・動脈硬化予防する話題については
チョコレートに含まれるエピカテキンが高血圧と動脈硬化を予防改善する(血管若返り)!|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 2時間スペシャル〜本当にカラダに効く食べ物が判明SP(8/13) 本編その1

を御覧下さい

最重要部分だけまとめると
・ニンニクにしか見つかっていないS-アリルシステインは
 大腸ガンを予防する効果が医学的に認められている。
・S-アリルシステインはがん細胞などを見つけ攻撃撃退する
 NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる。
・ニンニクを熟成させた方がS-アリルシステインが増加する

なんていうことになるでしょうか。


大腸ガンができる原因は解明されていない

わかっているのは大腸ガンの原因ではなくて
大腸ポリープ(良性腫瘍)に関してだけなんだそうです。

大腸ポリープは40〜70歳代の日本人5〜6人に1人の割合でみつかり
2個以上大腸ポリープがある人は無い人に比べて7倍も大腸癌に掛かりやすい
とのこと。

番組では加齢・ストレス・喫煙等で大腸ポリープができ、
何らかの理由で悪性化して大腸ガンになるという説明でしたが、
Wikipedia見ても、
確実なのは加齢・肥満・喫煙・飲酒など、
かなり抽象的。
可能性が高いのは貯蔵肉・食事バランスとか、残念な内容ですね…。
(世界がん研究基金では「赤肉(牛・豚・羊)を制限し、
加工肉(ハム、ベーコン、サラミ、燻製など)は避ける」などと
言ってるようですがそんなの無理ですね)

面白かったのは、
便通は大腸癌リスクと関係がない(独立行政法人国立がん研究センター)
・多くの人が信じていたにも関わらず、食物繊維には大腸がんのリスクの減少の効果は
 ほとんど認められなかった
(ハーバード大学公衆衛生学部)
 (少なすぎるのは大腸癌リスクになるらしいんですが、増やしても効果が無かった)
ですね。
番組でも言っていましたが、
日本人のがん死亡者数では、大腸癌は男性は3位なのに女性は1位なので、
便秘はいかにも大腸癌リスクになりそうですが、違うんですね〜。
(あくまで大腸癌に関してだけで便秘自体には食物繊維は効果がありますが)

逆にリスクを下げる要因で確実なのは
少なくともこのウィキペディアの記事が書かれた時点では
運動だめのようですねε-(´・`) フー。


たけしの家庭の医学で紹介されていたニンニクの大腸がん予防効果の研究

1986年 アメリカ国立がん研究所
 55〜69歳の女性約4万人を対象に5年間追跡調査したところ、
 ニンニクを週1回以上食べる人はそれ以下の人より32%リスクが減少

2006年 イタリアで発表された研究結果  全く・殆ど食べない人に比べ、
 食べる人は12%大腸癌のリスクが減少
 良くベル人は26%大腸癌のリスクが減少

2007年 世界がん研究基金とアメリカがん研究財団の共同調査
 ニンニクが大腸がんに効果があると発表した。


ニンニクに含まれるS-アリルシステインにはどんな働きがあるのか?

京都府立医科大学特任教授 石川秀樹先生によれば、
「にんにくには色んな成分がたくさん入っているんですけれども、
その中でS-アリルシステインという物質がありまして、
それに注目して研究しています。」
「(S-アリルシステインは、)弱っているNK細胞活性を
正常に戻す働きがあると思っています」とのこと

ナレーションでは
NK細胞、正式名ナチュラルキラー細胞とは、いわば体内のパトロール隊。
がん細胞をはじめとする体内の危険な悪者を見つけると攻撃し・退治してくれる。
ところがこのNK細胞、働き過ぎると弱ってしまい、
全てのがん細胞を退治しきれなくなってしまいます。
そんなとき、S-アリルシステインは弱ったNK細胞に
再びがん細胞を退治させる元気を取り戻させてくれるのです。
「このS-アリルシステインは今のところ
ニンニクにしか含まれていないことが判っています」
とのこと。

因みに、S-アリルシステインについての信用できる記述のあるサイトは
あまりなく、
「S-アリルシステインはにんにくを熟成させることによって生成される
水溶性含硫アミノ酸で、無臭成分です。がん予防作用等が報告されています。」
公益財団法人21あおもり産業総合支援センター内の?PDFとか、
あとは分子構造図書いただけのページとかしかないので、
ホントに最新の研究のようですね。


ニンニクの実際の効果=青森県十和田市の農家のみなさんの場合

青森県は日本のニンニク生産量シェア1位で、
その中でも最も多くニンニクを生産している
十和田市の農家のみなさん(殆ど毎日にんにくを食べている)に
内視鏡検査をしたところ、
50〜60代の日本人10人の平均大腸ポリープ数7個
に対し、
十和田市のにんにく農家さん10人の大腸ポリープ数は2個
もちろん大腸がんもナシという結果でした。

スタジオに登場した
九州大学大学院医学研究院予防医学分野教授の松尾恵太郎先生によれば、
「ニンニクのがん予防効果については色々研究されてきているんですが、
例えば胃がん、食道がん、前立腺がん色んながんで検討されているんですが、
やっぱり特に大腸がんでリスクを下げるという報告がある」
「S-アリスシステインががん細胞を退治するだけではなく
免疫力を高めて風邪の予防効果を示す」
とのこと。


にんにくをどのくらい食べると効果があるのか?

松尾恵太郎先生によれば
「今の段階ではどのくらい食べればよいという具体的な量は判明していない。
量を多く食べれば予防効果がある。」
とのこと。
但し、
「食べ過ぎるとニンニクに含まれる刺激成分によって
下痢などの症状を起こすことがあるので注意」
です。

また、チョコレート編でも登場した
順天堂大学医学部付属練馬病院栄養科係長の高橋徳江先生によれば
「個人差はあると思うんですけど
生ならば1日1片加熱処理していたら2〜3片
が適当な量と考えればよい」
とのこと。


ニンニクを熟成させるとS-アリルシステインが増える!

十和田市の農家のみなさん、
1日にニンニク1玉くらい食べるのは当たり前みたいな感じで、
生で味噌付けて食べる、刺身にすり下ろしにんにくとか
豚汁にもにんにく、精進揚げにもにんにく、
カレーにも2人前分程度で1玉入れちゃうとか、
ものすごい勢いで食べてたわけですが、
さらに、
ニンニク味噌(にんにくを醤油とザラメで3時間に詰めたもの)、
ニンニクを1年間漬けたニンニク醤油漬け(ニンニク10kg+醤油18リットル)、
3年間漬け込んだニンニクの酢漬け(ニンニク1.5kg+酢1.5リットル)
ニンニクを3年間漬け込んだニンニク酒(ニンニク400g+焼酎800ミリリットル) なんて保存食も各家で作っていたんですが、
とくに漬け込んだもの3つはS-アリルシステインが大幅に増加させていて、
青森県の株式会社マシス食品医薬品安全評価分析センターで調べたところ、
S-アリルシステイン生ニンニク1gには30μg(マイクログラム)含まれているのでそれを基準にすると、
3年酢漬け=3.8倍
1年醤油漬け=10.5倍
3燃焼酎漬け=11.5倍

S-アリルシステインが生ニンニクに対して増加していました。

石川秀樹先生によれば
「詳しいことはよく判っていないんですが一定期間置いておく事で
S-アリルシステインの濃度が増えてくることが判っている」
とのことでした。
熟成した黒ニンニクとかって意味あるのかなぁ?なんて正直思ってたんですが、
そこまで意図してたかは別としてもちゃんと意味はあったんですね(*^o^*)。

たった一晩でS-アリルシステインを簡単に増やす方法&レシピについては別ページ作りますけど

まーた長くなってきたので、別ページに書こうと思いますが、
ポイントとして、
すり下ろしたニンニクを1晩置くよりも、みじん切りを一晩置く方がよい、
というか、すり下ろしたニンニクはS-アリルシステインが減少してましたので、
勿論用途に因りますが、S-アリルシステインを多く摂取しようとするなら
基本みじん切りか、
1年は無理としてもちょっと我慢して1週間程度醤油に漬け込む方が
グ〜ンとS-アリルシステインが増えるかも・・・・(;´∀`)

posted by prin at 01:42 | がん・癌予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

ピロリ菌除菌で胃ガン予防・胃の若返り〜ためしてガッテン(7/10)|LG21乳酸菌でピロリ菌の駆除〜水トク! 名医が教える!セカンドオピニオンSP〜名門大学病院の医師が夢の集結〜 (7/10)

乳酸菌革命

「ためしてガッテン」と「水トク!」で同じ日にピロリ菌情報

 7/10は
 「ためしてガッテン 胃がん予防の切り札!1週間で超簡単若返り」
 「水トク! 名医が教える!
 セカンドオピニオンSP〜名門大学病院の医師が夢の集結〜 」

 と  まさかの同じ日の同じ時間帯にピロリ菌ネタやってました(ノ∀`)。
 ピロリ菌の除菌が今年2月から保険適用されるようになった所為か
 胃ガン、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの予防に効果的だからか
 ためしてガッテンでも何度か取り上げてましたし、
 他のテレビ番組でもちょこちょこ取り上げられていますが。

 ただ、ためしてガッテンでは
 胃ガンの予防と胃の老化・若返りが中心テーマでしたが、
 水トクでは、検査や除菌方法で多少違った説明がされてましたし、
 LG21乳酸菌の話もされてたので、
 両方の番組の内容+αみたいな感じでまとめ的に書いてみました。

 尚、2014年3月25日の
 林修の今でしょ!講座
 〜林修VSスーパードクター 人間の臓器ってスゴい!3時間スペシャル

 でもピロリ菌が取り上げられていましたが、
 ピロリ菌や胃がんについての追加情報もありましたし、
 その他豆知識いっぱいって感じでしたので、
 健康な胃・キレイな胃を保ちたければ寝る間に食べてはいけない!|ダイエットしても胃は小さくならない|脂肪を摂ると記憶力が悪くなる!|胃がんの原因は99%ピロリ菌!|逆流性食道炎・食道がん|林修の今でしょ!講座〜林修VSスーパードクター 人間の臓器ってスゴい!3時間スペシャル
 も併せてお読み下さい。


ピロリ菌の感染者数

 以前のためしてガッテンでは
 日本人のピロリ菌感染者は6000万人と言っていましたが、
 今回のためしてガッテンでは日本人の約3分の1とのことでした。
 水トクでは約3500万人、
 また他の資料では、国民の約半数 50歳以上だと70〜80%
 だそうです(統計を取った時期でかなり違ってるようです)。
 50代以上に多いのは、
 ピロリ菌は食べ物、飲み物からの経口感染がほとんど、
 しかも感染は小児期と考えられていて、
 50代以上は小児期には上下水道の完備が十分でなかったため
 感染者が多いとのことです。
 以前他の番組でも井戸水が悪いなんて話もありましたが、
 ほかにもゴキブリが運んでくるなんて話もありますんで、
 今でも注意は必要ですよね。
 ※参考
 東海大学医学部内科教授 高木 敦司先生のコメントから
 All About


ピロリ菌で引き起こされる病気

 胃ガン、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎など。
 胃の老化(=ピロリ菌感染)している場合、
 胃潰瘍のリスクが18倍胃ガンのリスクは100倍とのこと。
 胃潰瘍、十二指腸潰瘍患者の80-90%はピロリ菌保有者だそうです。
 胃ガン患者の。
 ためしてガッテンでは、
 胃は再生作用が強いのでもともとあまり老化しないもので、
 胃の老化は食生活、運動、ストレスといった生活習慣が原因ではなく
 ピロリ菌が原因だ、
 ピロリ菌は胃酸で死滅せず、胃に留まり続け、
 胃の表面細胞を壊し、粘膜を薄くする、
 そこに刺激物が触れると深いキズができて修復に時間が掛かり、
 胃潰瘍や胃ガンを引き起こす、
 しかしピロリ菌を除菌すれば
 胃が若返り、胃ガンや潰瘍のリスクが激減する

 とのことでした。


ピロリ菌の除菌は意外にカンタン

 検査を受け抗生物質を1週間飲むだけです。
 検査は内視鏡検査が標準で、
 尿素呼気検査や血液検査、便中検査などもあるようでが、
 保険が適用されるようになったので
 約10,000円位の費用で除菌が可能とのこと。

 

 ただ、水トクに出演されてた
 渡邊嘉行医師(聖マリアンナ医科大学病院)が
 ちょっと気になることを仰ってて、
 「保険適用になったんですが、
 ただし、必ず胃カメラでピロリ菌による胃炎があることを
 確認する必要があります。」
 ということなので、
 これだと症状が出てない状態だと保険適用がないように聞こえちゃいますね。
 もし検査を受けられる方は、その辺を問い合わせた方が良いかもしれません。

 検査してくれる病院などですが、
 ためしてガッテンでは最寄りの内科、消化器内科に問い合わせが、
 自治体によてって独自に検査を行ってることもあるので、
 市町村役場、保健所に問い合わせて下さい、
 とのことでしたが、
 大学病院、国立都道府県立病院など大きな病院なら
 内視鏡検査できると思いますのでそれでよいのではないかと思います。

 またこの除菌方法で100%除菌できるかというと
 そうでもないらしく、用法用量を守らない患者とか副作用で中断以外に
 ピロリ菌に抗生物質に対する耐性ができて成功率が下がっているみたいです。
 その場合2次3次の除菌が必要なこともあるようです。

 忙しくて時間が取れないなんていう場合は
 ピロリ菌の検査キッド なんていうのもありますので、
 普段、胃の調子がよくないことが多いなんて時は利用してみてもよいと思います。


LG21乳酸菌でピロリ菌を減少させることができる

 水トクでは渡邊嘉行医師(聖マリアンナ医科大学病院)によれば
 LG21乳酸菌には静菌作用があり、ピロリ菌を減少させるとのこと。
 先生は「ある程度」と仰ってましたが、
 番組では、
 ピロリ菌感染者が8週間LG21乳酸菌を8週間摂取したところ
 胃の中のピロリ菌数が約10分の1に低下したという
 調査結果(東海大学医学部 古賀泰裕教授)があるで、
 注目のピロリ菌予防法だそうです。
 また、抗生物質とLG21乳酸菌との組み合わせで
 除菌率があがるそうですし、
 抗生物質の場合軟便になることがあるそうですが
 LG21乳酸菌を組み合わせることで抑えられるとのこと。

 LG21乳酸菌だけがピロリ菌駆除に効果がある
 というわけではないようですが、
 LG21乳酸菌を大々的に宣伝してるのは明治(旧明治乳業)だけです。
 東海大学医学部感染症学部門の古賀教授と
 わかもと製薬と明治乳業の共同研究ということなので(共同通信)、
 LG21とかプロビオなんて名称は特許なのかもしれません(ウィキペディア)が、


 共同通信の記事では臨床実験でピロリ菌の駆除には
 LG21が最も条件に合うことが分かったそうです。
 まあ乳酸菌って各種あって
 植物性乳酸菌の方が動物性乳酸菌の10倍くらい腸内生存率が高いので
 最近は植物性乳酸菌を組み合わせた製品が多いですが、
 ピロリ菌駆除って条件だとLG21が最適ということで、
 胃腸の具合が心配な方は明治プロビオヨーグルトLG21一択ですので
 試してみるのもよいと思います。


ピロリ菌を除菌してしまえば胃ガンなどの心配はなくなるのか?

 そうはいかないようです。
 胃ガンのリスクが0になるわけじゃないので、定期的検査は必要とのこと。
 また、ピロリ菌を除菌しても胃が老化して胃の粘膜が薄くなってしまうと
 完全に元に戻るのに4〜5年かかるそうですので、
 なるべく早く除菌した方がよいですね。


posted by prin at 23:59 | がん・癌予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。