2015年03月12日

脂肪肝対策はDHA豊富で鉄分が少ない鮭フレークを頻繁に食べる!|無謀なダイエットをしてる痩せた女性に脂肪肝が増えている!〜フルーツの果糖は脂になって肝臓に溜まる!!|飲み過ぎ・悪酔い・二日酔い対策は卵かけ御飯、酒量の1.5倍の水&お酒の後に直ぐ寝ない!〜しじみは鉄分が多いので弱った肝臓には良くない!!|林修の今でしょ!講座〜冬に弱った腸&肝臓を3月中に元気にしようSP(3/10) その2

飲み過ぎだけじゃなくて、食べ過ぎ+運動不足が冬に肝臓が弱る原因!


引き続き3/10のテレビ朝日系
林修の今でしょ!講座
名医達がプライベートにやっている対処法公開!
冬に弱った腸&肝臓を3月中に元気にしようSP


肝臓部分(脂肪肝・飲み過ぎ、悪酔い、二日酔い等)の話題です。

教えて下さったのは、今回は「循環器の名医」と紹介されてましたが、
お馴染み池谷敏郎先生でしたが、


池谷先生、物腰が柔らかいからあまり気にならないかもしれませんが、
「ダイエットでフルーツ食べてる人は脂肪肝になる」とか
「レバーやしじみは弱った肝臓に逆効果」とか
結構バッサリネタだったんじゃないかとあとで思ったんですが(ノ∇≦) 、

それはともかく、番組前半の腸の話題では何で冬に腸が弱るのか説明無かったんですが、
肝臓部分はちゃんと説明ありましたので、その部分から。

林修さんの前振りでは
「(冬は)年末年始や歓送迎会など多かったと思いますので肝臓は弱っているんだろうな
 と私も思っていたんですが、冬はお酒の飲み過ぎ以外の理由でも充分(肝臓が)
 弱っているんです

とのことで、
池谷敏郎先生によれば
冬って酒を飲む人も飲まない人も大体食べ過ぎて運動不足になるじゃないですか。
 実はこのことこそが肝臓を悪くする第一の要因といって良いかと思います。
 冬に悪くなった肝臓を治すにはこの春に努力することがとても大事なんですよ。
 このまま放置してしまうと後々とても大変なトラブルが起こってきますので、
 肝臓について知って頂いて肝臓をリフレッシュするということを考えて下さい」
とのことで、以降なるべく番組内容に沿って書こうと思います。

尚、番組前半の腸の話題については
お風呂で大腸もみ&風呂上がりに勢いよくコップ1杯の水を飲んで便秘解消!|ヨーグルトをどれだけ食べても食物繊維を摂らないと効果が薄い!|ヨーグルトにハチミツを加えると善玉菌が増える!|名医は便秘の時カレーを食べる!|ヨーグルトは朝夜違うメーカーのものを食べる! 他・・・|林修の今でしょ!講座〜冬に弱った腸&肝臓を3月中に元気にしようSP(3/10) その1
を御覧下さい。



肝臓の細胞がサラミみたいに脂に置き換わる脂肪肝!
冬は食べ過ぎて運動不足になるのでどんどん脂が肝臓に溜まる!!


fatty_liver_conpare.jpg

脂肪肝について池谷先生の説明をまとめると、

・肝臓は私達が食べた炭水化物とかタンパク質といった栄養素をもしもの為に使う
 エネルギーとして脂肪という形で肝臓に貯めている(肝臓はエネルギーの貯蔵庫)
・冬は食べ過ぎてしまい、運動不足になりがちで、どんどん余分なエネルギーが
 肝臓に溜まって肝臓は脂肪だらけになってしまっている

・脂肪肝になるとまるでサラミみたいな脂だらけになってるが、
 これは正常な細胞が脂に置き換わってしまっている状態

内臓脂肪と脂肪肝の違いは、
 内臓脂肪は臓器の外に脂肪が付くが、腸の組織は変わらないのに対し、
 脂肪肝は肝臓の細胞その物が脂になってしまうことで、その部分は当然
 正常な働きを失ってしまうのが恐いところ


とのことです。



脂肪肝の患者数はこの30年間で約3倍にも増え、3人に1人が脂肪肝!
無謀なダイエットをしてる痩せた女性に脂肪肝が増えている!!


fatty_liver_number_of_patient.jpg

池谷先生によれば
患者数がですね、この30年間で約3倍にも増えてし まっているんです。
 これ、3人に1人が脂肪肝
と、3人に1人ってちょっとビックリですが、更に
「太った人の脂肪肝も増えているんですが、太ってない方の脂肪肝になっている
 ケースが多々見られる
訳ですよ。
 それが無謀なダイエットをしてる痩せた女性なんですね。」
とのことで、

痩せた人がなぜ脂肪肝になるか?について池谷先生の説明をまとめると

・肝臓に溜まった脂肪はタンパク質にくっ付いて肝臓から運び出されていき
 体内の色々な場所に運ばれるが、
 ダイエットしてタンパク質不足になっていると脂肪が運び出せなくなって
 脂肪肝になってしまう

とのことです。


フルーツの果糖は脂になって溜まりやすい!

池谷先生によれば
「(ダイエット中に)フルーツなんか食べる方多いじゃないですか。
 (フルーツの)果糖って結構脂となって溜まりやすいんですね。
 こういったことも無謀なダイエットをしている人には結構見られる特徴なので、
 果糖ばっかりを食べて、タンパク質を摂らないでいると脂肪肝になっちゃいます
 から気をつけて下さい」
とのこと。

林修さんが
「いますねぇ〜、『今、私ダイエット中だから、うん、私フルーツだけにする、
 ごめーん、みんな食べて食べて』みたいなコトやってどんどん脂肪肝一直線
 なんですね?」
なんて茶化してましたが(≧m≦)、結構耳痛いですよね。

また、池谷先生イモトアヤコさんに
「僕、イモトさんをテレビでよく見させて頂いてるんですよ。
 結構ぽっちゃりしたり、痩せてしまったり、なんか風船のように変化してませんか?」
なんて言ってたんですが、こういうのは
急に太ってしまった時も脂肪肝のリスクが高く、
逆に急激に痩せた時も脂肪肝のリスクに曝される

とのこと。



肥満・高血圧・糖尿病・高脂血症は「死の四重奏」で突然死のリスク!
脂肪肝の人はこの4つのリスクが揃いやすい!!


fatty_liver_sudden_death_risk.jpg

池谷先生によれば
肥満・高血圧・糖尿病・高脂血症が4つ重なると、
何も持ってない人に比べて約35倍も突然死のリスクが高くなる

んだそうで、
肥満・高血圧・糖尿病・高脂血症は別名「死の四重奏」と呼ばれ、
この4つが揃って奏でる音楽が突然死を導く恐ろしいリスクファクター
で、
脂肪肝の方には4つ揃いやすく、脂肪肝を放っておくと突然死のリスクが高くなる
とのこと。



名医がプライベートでやっている脂肪肝対策@
大好物の高カロリーな食べ物は昼の2時に食べる!(BMAL1=ビーマル1)


BMAL1=ビーマル1(びーまるわん)については以前取り上げたことありますが、
1日8時間以内なら何時何をどれだけ食べても良い8時間ダイエット!!|基礎代謝を上げて痩せる〜運動によって消費されるのは僅か5%!|時間栄養学〜夜10時に食べるケーキ1個は午後3時に食べるケーキ20個分!|駆け込みドクター!絶対やせる!太らないコツ教えますSP(10/12) その2

歳を取ると基礎代謝が落ちて痩せない!|バナナダイエット、水ダイエット、炭水化物ダイエットはやり方によっては危険|深夜はBMAL1(びーまるわん)が増えるので食べると太りやすい!|食べる順番ダイエットでは野菜を食べたら5分時間を空けろ!|駆け込みドクター!運命を変える健康診断〜医者に聞きたい40のこと(1/5)
いずれもダイエットネタで、今回は脂肪肝の話題っていうことで一応触れておきます。

BMAL1_fat_absorb.jpg

このコーナーは大好物は何時に食べる?ってクイズコーナーでしたが、
答えは大好物は昼の2時に食べる

池谷先生とナレーションの説明をまとめると、
・ビーマル1(BMAL1)は食べた物を私達の身体の中に脂肪として貯め込む司令塔
 (以前の駆け込みドクターの説明では体内時計を調節するタンパク質)
・ビーマル1が多い時に食べると脂肪として食べた物を貯め込みやすい
・ビーマル1が少ない時に食べると脂肪として貯め込みにくいということが
 研究で判ってる
・近年の研究でビーマル1が夜遅くに食べた時に身体を太らせる犯人だと判り
 現在医学界では注目を集めてる

とのこと。

結果、
ビーマル1の少ない昼の2時〜夕方6時くらいの間に食べれば脂肪が溜まらず脂肪肝にならない
ってことにはなるんですが、勤めてる人なら普通はこの時間に食べないですし、
専業主婦などで昼間時間があったとしてもとしてもせいぜいティータイムに
スイーツを頬張る程度がせいぜいで、BMAL1の分泌に合わせて出来るコトって
せいぜい夜遅くに食べないくらい・・、って実生活上あまり意味がない気が…。



名医がプライベートでやっている脂肪肝対策A
肝臓に溜まった脂肪を排出してくれる栄養素(DHA)を含んだ食べ物は鮭フレーク!


池谷先生によれば、
「溜まってしまった肝臓の脂肪を効果的に排出できる有り難い食べ物があるんです」
とのことで、それが鮭フレークなんだそうです。

may_salmon_flake.jpg
↑↑は池谷先生のマイ鮭フレークだそうです(≧▽≦)


林修さんのDHAの説明では
「サケに豊富に含まれるDHAという物質、脂肪肝対策になる2つの大きな
 働きをしてくれると言うんです」とのことで
@中性脂肪の生成を抑える働き
A脂肪の分解を促し脂肪を追い出す

が挙げられていましたが、
池谷先生によれば、もう1つのポイントが鉄分が少ないことなんだそうですが、
fish_DHA_iron.jpg

会話がチョット面白かったのでそのまま書きますが、

Q:先生、ウナギの方が(DHAの含有量が)多いですよ(林修さん)
A:そうですね、良い所に気がつかれましたね。
 実はですね、DHAという脂がとても大事なんですがそれ以外にもう1つ
 大事なポイントがあるんです。これ鉄分の含有量なんですよ。
 確かにDHAが沢山含まれてる魚ってあるんですが結構鉄分を含んでますでしょ。
 鮭は鉄分の含有量が少ないんです。
 実は弱った肝臓には鉄というのは不利に働くんですよ(池谷先生)

Q:だって肝臓にはレバーって言うじゃないですか。レバーは鉄分だって。(林修さん)
A:肝臓は確かに鉄を貯め込むんですが、それが仇になって鉄がドンドン
 肝臓に溜まってしまうと、実は肝臓を悪くする方に働いてしまうんで、
 弱った肝臓には鉄を摂ることはあまりメリットがないんですよね(池谷先生)

とのことです。

またなぜ鮭フレークなのか?&どの位の量食べればよいか?について、

毎日というか頻繁に食べて欲しい。たまに食べるんじゃなくてチョコチョコと
 毎日食べて欲しい(鮭フレークは持ち歩ける)
・刺身や焼き魚では毎日食べられないので、そんな沢山食べなくても良いので
 できるだけ頻回に食べて欲しい


とのことで、量を食べるより頻繁に食べる方が重要ってことのようですが、
以前のサバ缶で痩せるって話の時もちょっと思ったんですが、
DHAやEPAって脂ですから、多いのって輸入モノとか養殖モノなんですよね〜。
特に鮭なんて脂ギトギトですし、↑↑の表も大西洋鮭(養殖)って書いてありますから
普通の新巻鮭とか切り身の塩鮭とかってたぶんDHA多くないんですよね。
だから鮭フレークもその辺が微妙ですし、マイ鮭フレークなんてムリですし(´▽`)、
動脈硬化対策じゃなくて脂肪肝対策ならサプリを規定量以下で使ってのも
一つの手かなって気もします。

以前だとDHA含有量が多いのはサントリーのDHA&EPA+セサミンEだったんですが、

今はユンケルの佐藤製薬からDHA含有量がダントツのサプリ↓↓がありますので



なんかを一気に1日分摂取じゃなくて昼夜1粒ずつ程度とかの方が楽な気が…。



お酒を飲み過ぎた時に名医がプライベートでやっている対処法@
お酒を飲む前に卵掛け御飯!しじみの味噌汁は鉄分が多く弱った肝臓にはダメ!!


egg_rice_shijimi_soup.jpg

ここもクイズ形式で、結構意外な結論だったんですが
Q:お酒を飲む前にはしじみの味噌汁と卵かけ御飯でどっちがよいか?
A:卵かけ御飯

とのことでした。

池谷先生の説明をまとめると

・卵の中にはアミノ酸が豊富に含まれていて、お酒の飲み過ぎで弱った肝臓を修復し、
 アルコールの分解を促進してくれる働きが期待できる
・生で卵を食べるところがポイントで、熱を加えてしまうとアミノ酸が変性を起こす
 ので、生で食べて欲しい


とのことでしたが、
イモトアヤコさんの
しじみってお酒とか二日酔いに良いって言いますけどあれは本当なの?
との質問に対し
「しじみの中には肝臓を上部にするタウリンというものが含まれてるんですね。
 タウリンは脂肪は排出にも役に立つんですが、しじみは豊富な鉄分が入っていますので、
 活性酸素の働きで肝臓の機能の障害してしまうということも言われていますので、
 ちょっと今回は(肝臓が弱ってる人向けなので)避けたいなと思います。」
とのことです。

ちょっと以前の駆け込みドクターでは大竹真一郎先生が
二日酔いに良いとされていたしじみ汁のオルニチンは全く無意味!
 医学的な根拠はありません

なんてバッサリ切っちゃってましたが(≧m≦)、
タウリンは一応肝臓に良いみたいですね。
でも、お酒関係ではしじみ神話は半分以上崩壊でしょうか・・・。

それと、卵かけ御飯・・居酒屋さんなら注文すれば出してくれるとは思いますけど、
普通自宅以外で卵かけ御飯って旅館の朝食くらいだと思いますんで、
以前の主治医が見つかる診療所で丁先生がターメリック(ウコン)をお酒飲む前に
摂取すると二日酔いに良いって言われていたので、
南雲式超ヘルシー!カレーライスガレットvs姫野式美肌になる!柿カレーライス|主治医が見つかる診療所〜血液改善・老化ストップ・やせる!カレーライスで健康になるSP(11/11)
お酒飲む前にカレーライスかウコンサプリでも摂るっていう方が現実的かな?
って気はします。
やわた 琉球ウコン



お酒を飲み過ぎた時に名医がプライベートでやっている対処法A
飲んでる時はお酒の量の1.5倍の水を飲む!


ビデオ出演の三楽病院消化器内科部長和田友則先生って方によれば
お酒が後半にさしかかったらお水を注文して飲んでいるお酒の1.5倍
 水を飲むようにしています

 脱水した状態をケアしないと次の日のお酒の残り方にも関わってくるので
 それを防ぐ為にも意識してお水を飲んでいます。」
とのことでしたが、

池谷先生によれば、
「お酒って利尿効果があるじゃないですか。
 尿でドンドン水が出てしまうと脱水になりやすいんですよね」
とのこと。

また、林修さんの説明では
「私達の身体のおよそ6〜7割は水分なので脱水状態になると血液の循環が悪くなり
 肝臓だけではなく全ての臓器に悪影響を及ぼすそうです。
 お酒によって失われる水分はお酒の量のおよそ1.5倍と言われているので、
 その分の水を飲んでおくのが大切なんだそうです」
とのことでした。

お酒の種類については言っていなかったので、アルコール濃度で違う可能性ありますが、
いずれにしても沢山飲まれる方はお酒量の1.5倍でかなり大変ですね(´▽`*)。



お酒を飲み過ぎた時に名医がプライベートでやっている対処法B
飲んだ後は1時間でも長く起きておく


alcohol_sleep_wake.jpg

番組最後だった所為か、池谷先生、林修さん、ナレーションの説明がつぎはぎ、
って感じでしたので、箇条書きでまとめて。

・お酒を飲んで直ぐ寝てしまうとアルコールの分解が遅れるという研究の結果が
 実際にある

・コレをやると翌日のお酒の抜け方がかなり違い、少しでも時間を空けると効果ので、
 1時間でも2時間でも水を飲みながら寝ないでいて、それから休むと悪酔いを防ぐ
 ことにもなる

・寝ていると肝臓でのアルコール分解が遅くなるので翌朝元気で過ごす為には
 なるべく起きていることが大切


とのことでしたが、この方法はお酒が弱い人ほど直ぐ寝ちゃいますし、
ただでさえお酒に強くないから身体にも悪いのに直ぐに寝るのもダメって、
結構辛そうな対策ですが・・・頑張るしか無さそうですね(ノ∇≦)。






佐藤製薬のEPA&DHAが今なら定期初月は特別価格1,000円!
美健知箋EPA&DHA





posted by prin at 03:04 | 肝臓・肝硬変・NASH・脂肪肝など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

NASH=非アルコール性脂肪肝炎の原因はギンギバリス菌による歯周病、便秘・下痢、睡眠時無呼吸症候群!|NASHや脂肪肝の治療法が歯周病治療に乳酸菌に運動(階段を見たら肝臓の薬と思え)??(゚д゚ )|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 長引く身体の不調を解消する!新事実SP! その2〜お酒をあまり飲まなくても肝炎を発症させる原因は日本人の8割が抱える歯周病!!

お酒を飲まなくても、肝炎ウィルスに感染してなくてもかかる
NASH=非アルコール性脂肪肝炎


引き続き9/16のテレビ朝日系(朝日放送系)
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学
〜長引く身体の不調を解消する!新事実SP!


お酒をあまり飲まなくても肝炎を発症させる原因は日本人の8割が抱える歯周病
の話題です。

NASH=非アルコール性脂肪肝炎って駆け込みドクターなんかの先生達の発言に
やたら登場しますが、案外まとまった話はなかったんじゃないかと思いますし、
治療法が普通の肝炎とかなり違わない??って感じで意外で面白かったので
書いておこうかと思います。

今回のたけしの課程の医学ではNASHの原因として、
番組に登場した横浜市立大学大学院 医学研究科主任教授中島淳先生が
脂肪肝になった状況での歯周病便秘・下痢睡眠時無呼吸症候群
の3つを挙げていらっしゃっいましたけど、
まだ原因の全てが判った訳でも診断法や治療法が確立してるという訳ではない
みたいですが(参考 中島淳先生の紹介ページ?PDFですけど)、
歯周病の人はアルコールを飲まなくても肝炎を発症する
というのは中島先生が発見されたみたいで、番組コーナーのメインでしたが、
脂肪肝って案外簡単に改善できるんだなぁ〜っていうのも面白かったですね。



尚、目のズレが肩こりの原因になるって話題については
目のズレ(黒目のズレ)がしつこい肩こりの原因かも!?|目のズレチェック法&改善法!|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 長引く身体の不調を解消する!新事実SP!〜しつこい肩こりの原因は目が大きくズレていることにあった
を御覧下さい。




肝臓、肝臓がん、脂肪肝、NASH=非アルコール性脂肪肝炎についての
ナレーションと中島淳先生のお話のまとめ


説明がこのコーナー冒頭と中島先生がスタジオに登場してからと
だいぶ分かれちゃってましたので最初にまとめて書いておきます。

・肝臓がんの死亡者数は年々増加ここ20年は毎年3万人を超え続け、

kanzougan_sibousha.jpg


・肺がん、胃がん、大腸がんに次いで肝臓がんが4位(5位はすい臓がん)
kanzougan.jpg


・肝臓はお腹の右上、胃と隣り合った場所にあり
 臓器の中で最も大きく体重の約2%、50kgの人なら1kg
kanzou.jpg


・その仕事量は膨大で栄養素をエネルギーに作り替える有害物質を解毒
 中でもアルコールの分解は肝臓の大切な仕事で、
 お酒の飲み過ぎで肝臓の限界を超えると肝細胞が炎症を起こす肝炎になるが
 肝臓はどんなに辛くても痛みを訴えない沈黙の臓器
 知らず知らずのうちに肝炎は悪化、気が付けば肝硬変や肝臓癌に進行

・ところが今日本にはアルコールを飲まず、肝炎ウィルスにも感染していないのに
 肝炎を発症する人が数多く存在し、その原因はこれまで謎とされてきたが
 最近になってようやくその原因が明らかになってきた。これが
 NASH(なっしゅ Non-alcoholic steatohepatitis)=非アルコール性脂肪肝炎

・お酒を少ししか飲まない人や全然飲まない人でも脂肪肝になるが、
 以前は脂肪肝は大きな病気には繋がらないので放って置いていいと思われていた。
 ところが最近、お酒を飲まない人の脂肪肝も肝炎になることが判ってきて、
 その数もアルコール性の肝炎と並ぶまでの数になってきて、
 実際の診療の現場でも問題になっている

・お酒を飲まない脂肪肝の方は我が国は1500〜2000万人程と推定され、
 その1〜2割の方がNASHになる可能性がある

・しかもNASHを放置してしまいますとアルコール性の肝炎と同じように
 肝硬変肝臓癌になるということが明らかになってきている


とのことです。


また、肝臓の状態画像の中島先生の説明も判りやすかったので記載しておきます。

正常な肝臓
kanzou_seijou.jpg

・鮮やかな赤でお肉屋さんで売っているレバーと同じ感じと思って頂ければ良い


脂肪肝
kanzou_siboukan.jpg

・全体に白っぽくなって脂が溜まっている状態です。所謂フォアグラ状態。
 これはまだ良性の状況でこういう方は沢山いらっしゃいます

※因みに、ナレーションの説明では成人の30%約3000万人が脂肪肝といわれる
そうで、脂肪肝の状態で歯周病、便秘・下痢、睡眠時無呼吸症候群などになると
肝硬変に進行する可能性が上がる、ということですから、
ASTやALT値が31以上になったら生活習慣改善が必要
ということになるかと思います(参考:天野クリニックさんのHP)。 

NASH
kanzou_NASH.jpg

・全体的に白っぽいんですけどその間に赤く筋が入って網目状になっています
 これが慢性肝炎を起こしている状況でこれがNASH。全く症状はございません
 この状態であれば治療すれば良性の脂肪肝に戻すことが出来ます
 ですからこの段階で見つけることが重要ですから、
 心配な方は医療機関で受診するのが重要。



肝硬変
kanzou_kankouhen.jpg

・NASHが進行して肝硬変という状況になります。
 まず肝臓が小さくて見るからに硬いですよね?硬くて動きません。実際硬いです。
 こうなってくるとこの中に肝臓癌なんかもできてくることがあります。
 ここまで来るのに20〜30年以上、1〜2年ではここまでここまでこない。
 非常にゆっくり長く進行します。
 こうなってくると元に戻すのは非常に難しいですからNASHの段階で
 病気を治すというのが重要じゃないでしょうかね。


とのことでした。




なぜ歯周病菌がNASH=非アルコール性脂肪肝炎肝炎を引き起こすのか?
&歯周病が原因のNASHの治療法!


■歯周病がNASHを引き起こす原因■

ここもナレーションの説明をまとめます。

・300〜500種類ある歯周病菌の中でも最も代表的で誰の口の中にもいるのが
 歯周病菌最大の悪玉ギンギバリス菌

・歯周病菌は歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目に溜まると
 そこから体内に侵入、血管を通して全身を巡り始める

shishu_pocket.jpg


・歯周病菌の多くは白血球によって退治されるが、強いギンギバリス菌は
 しつこく生き残り免疫機能をかいくぐって血液の最終処分地肝臓に到達。
 するとギンギバリス菌の侵入関知した肝臓が刺激物質を分泌し菌の退治を
 始める

・健康な肝臓の細胞は刺激物質の影響を殆ど受けないが、脂肪肝の場合
 肝臓は刺激物質に過剰に反応して細胞が炎症を起こし
 長い年月を掛けてゆっくり脂肪肝から肝炎へと進行してしまう



■治療法■

・投薬治療や運動、食事療法と共に歯周病の治療

因みに↑↑では中島淳先生は「症状は殆ど無い」と仰ってましたが、
番組で紹介されていた歯周病が原因で肝炎を発症し、
瀕死の状態になって中島先生の治療で健康を取り戻した横岡玲さん(43)
(以前は現代国語の予備校講師で今は予備校の教材作成がお仕事の方)
という方には予兆となる症状がそこそこあって、
特に脂肪肝と告げられてから長年放置したのがマズかったようですが、
とにかく進行が遅いので脂肪肝が改善するよう対策すべきだったのかな?
って感じですので一応年表風に症状を記載しておきます。
(といっても体調が悪いから歯医者に行くなんて普通無理でしょうけど)

15年前(28歳当時)
予備校講師は熾烈な実力社会で、講義数をこなすほか、入試問題の傾向分析等
仕事量膨大で自宅に戻っても休む暇が無く、徹夜なども多く、
ケアレスミスの連続や立ちくらみが起き、あまりの体調の悪さに
近くの病院に行くと、単なる過労と診断されたものの、
同時にALT値が30を超え脂肪肝をきたしてると思われると告げられ、
間食を控えたり寝る前3時間に食べないとか少し摂生が必要と言われる。
(原因はアルコールは飲まなかったが生活習慣の乱れで脂肪肝に)


その後数年
横岡さんは脂肪肝は大した病気じゃないという意識があったのと、
数年に1度の健康診断でもALT値は依然高めだったものの
運動や摂生をしなくても悪化することはなかったので放置


10年後
結婚し2児の母親になっていたが、ある日子供が庭で遊んでいるのを見ていた時
子供に呼ばれて立ち上がろうとしたら体に鉛のような重さを感じ座り込む。

更に別の日にベッドから起きようとすると微熱があるような重だるさ
を感じたが、このだるさは歳の所為と思い込み病院の診察は受けなかった。


それから2年後の2010年8月
何気なく受けた健康診断でALT値が200台になり酷い肝炎と診断され、
横浜市立大学病院で中島淳先生の診察を受け、唾液を採取したところ
ギンギバリス菌が見つかり、歯周病と診断され、
(本人も気づかないうちに歯周病になっていた)
横岡さんは投薬治療や運動、食事療法と共に中島先生の指示の下、
歯周病の治療を始めると肝臓の数値(ALT)はみるみる下がり
歯周病の治療が終わる頃にはすっかり正常値に戻り、現在は完治。

ということで、
症状@【身体が鉛のように重い】
症状A【微熱があるような重だるさ】

こういうのが沈黙の臓器肝臓がついにあげた「声なき悲鳴」なんだそうです。




なぜ便秘・下痢だとNASH=非アルコール性脂肪肝炎を引き起こすのか?


■便秘や下痢ががNASHを引き起こす原因■

中島先生の説明をまとめると、

・肝炎に関係するのは歯周病だけではなく腸内細菌が関係していることが判ってる

・問題なのは腸内細菌のバランスが悪くなる、悪玉菌が多くなると言うこと

・悪玉菌が増えると便秘や下痢の方もいるし、お腹が張るという方もいる

・腸の壁というのは普通は悪玉菌を通さないが、
 悪玉菌が増えると血液中に通って来てしまい、
 この悪玉菌が肝臓に来て肝炎を起こすことが判ってる


とのことで、便秘というとすぐ大腸がんが心配等思い当たりますが、
まさか便秘まで関係するとは・・・って感じですが、
下痢とかお腹が張るっていうのはどちらかというと男性の方に多いんでしょうか?
ゲストの中山秀征さんは慢性的に下痢なんだそうですが…。
(芸能人だから生活が不規則っていうのはあるかも知れませんが
太ってはいないので、まぁダイジョブかな?と思いますが)


■対策■

もうこれはお約束で、中島先生によれば
・ビフィズス菌とか乳酸菌のような所謂善玉菌を飲むことによって
 肝炎が良くなるという報告がある

とのことです。

普通にヨーグルトとか乳酸菌系のサプリとか奨めておけば良いのかな?
とも思いますが、それじゃ面白くないので手作り用種菌セットな
んて面白いかと。




1回作ると植え継ぎでも何だかんだ2ヶ月くらいは保っちうので、
しばらくは買ってくるのは牛乳だけ。
スムージーとかお料理とか沢山使う方にはオススメかなぁと。




なぜ睡眠時無呼吸症候群だとNASH=非アルコール性脂肪肝炎を引き起こすのか?


■睡眠時無呼吸症候群がNASHを引き起こす原因■

中島先生のお話しをまとめると、

睡眠時無呼吸症候群は肥満などで喉の奥の空気の通りが悪くなり
 睡眠中呼吸が度々一時的に止まってしまう病気で、大きないびきをかくのが特徴

・睡眠時無呼吸症候群になると呼吸が上手く出来ないので、
 血液中の二酸化炭素の量が増える

・そうするとホルモンの一種であるレプチンが分泌され血液中に増えるが
 このレプチンが肝臓を硬くする作用を持っおり、結果肝臓が悪くなってしまう


とのこと。

また、横浜市立大学のHPには、
このレプチンと↑↑の腸内細菌にも関連した中島先生の研究内容が書かれてて、
肥満により脂肪組織から多量に分泌されるホルモンであるレプチンが
健常人では肝炎を起こさないごく微量の腸内細菌毒素に過敏に反応して
慢性肝炎を発症することを発見
」(要約)とありますので、
睡眠時無呼吸症候群じゃなくても肥満だとダメ〜ってことのようです。

尚、睡眠時無呼吸症候群の改善法は紹介されませんでしたが、
今迄のテレビ番組等でも睡眠時無呼吸症候群の改善法って
いびき・睡眠時無呼吸症候群の超簡単改善法は抱き枕と絆創膏!?|駆け込みドクター!運命を変える健康診断〜睡眠の悩み解消SP(9/15)+顎の小さい人と50代以降の女性も睡眠時無呼吸症候群になる!!
ぐらいしかなかったと思いますので、睡眠時無呼吸症候群が御心配の場合は
是非お試しを。




どうしたら脂肪肝を改善することが出来るのか?
「階段を見たら肝臓の薬と思え」


中島先生のお話をまとめると、

・肝臓に溜まっている脂肪は皮下脂肪と比べて溜まりやすいけど落としやすい
 という特徴を持ってるので、ちょっとした生活習慣を見直すことで
 脂肪肝は比較的容易に改善すること出来る


・【階段を見たら肝臓の薬と思え】
 「今あんまり運動する機械がない訳ですよね。駅なんかでも
 エレベーターやエスカレーターがありますから、日常生活の中で
 階段を見かけたらエスカレーターを使わないで階段を上ると
 こういう事が重要で、比較的長続きしやすいですよね」

・基本は食べ過ぎないこと それから日常生活の中で軽い運動をすること

とのことでした。

番組ではあまりハッキリ言っていませんでしたが、
肝硬変まで行っちゃうと改善が難しくなるので、
結局のところ単純に言えば(というか残念ながら)
・脂肪肝になったら生活習慣を見直せ!運動しろ!!
ってことなんだと思います。
自力で解決できるのって脂肪肝だと判った時しかないですもんね¥^−^¥。






posted by prin at 15:30 | 肝臓・肝硬変・NASH・脂肪肝など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

肉食中心の生活で肝臓を元気に!アルブミン値を上げて長寿と美肌ゲット+ダイエット|主治医が見つかる診療所〜肝臓が元気になれば長生き!痩せる!肌キレイになるSP(7/29) その2


7/29の
「主治医が見つかる診療所
〜肝臓が元気になれば長生き!痩せる!肌キレイになるSP」も
「肉中心の食事で長寿・ダイエット・美肌」って
相当なインパクトあったんですが、
7/30の「たけしのみんなの家庭の医学」での
「サバ缶食べてEPA大量摂取するとやせるホルモンGLP-1大量分泌で肥満解消する」
って内容が超強力だったので、書くのが遅くなっちゃったんですが、
主治医が見つかる診療所のメイン部分行ってみようと思います。
(わたしとしては肉中心生活とサバ缶ドカ食いというか
EPA大量摂取をどう両立させるか試行錯誤中⊂(^ω^)⊃)


 姫野友美先生の超美味しそうな
姫野流コーヒー風味タンドリーチキンについては、
肝臓を元気にする姫野流タンドリーチキン||主治医が見つかる診療所〜肝臓が元気になれば長生き!痩せる!肌キレイになるSP(7/29) その1
を御覧下さい。



お酒を飲む人だけではなく、お酒を飲まない女性にも脂肪肝が増えている。


肝臓の役割とは?
秋津医師によれば
一言で言えば、「体の中の化学工場」
栄養素を使って体の中に必要なパーツを作ってくれる(分解、合成=代謝)、
体の中で不要になったゴミを全部処理して無害にする(解毒)
本来体に必要のない毒素、例えばアルコールを全部肝臓が処理してくれる
(処理しきれないと二日酔いになる)
とのこと。
だから肝臓の元気さが若さや美しさに関係する。


脂肪肝とは
肝細胞の30%以上に脂肪が溜まってしまった状態のことで
いわばフォアグラ状態のこと。
日本人の脂肪肝の推定患者数は約2000万人
なんと6分の1に上る。


非アルコール性脂肪肝炎(NASH ナッシュ)とは?
アルコールが原因ではない肝炎のことで、
飲酒しない女性や痩せている女性にも増えてきている。
その原因は無理なダイエット偏食!!
姫野医師によれば
「若い人でもアルブミン(アルブミンについては後ほど)の
低い方多いんですよ。
『どうしたの?』って訊くと『ダイエットしてるんですよ』と。
ダイエットの時には脂っぽいものとか肉とか魚とかそういうものを食べないで
野菜とご飯を中心にとカロリーを下げて下げてってやると、
みんな元気が無くなってくるんです。」
「子供でもおかしばっかり食べて朝から食事をしない、
偏った食事でアルブミン不足になっていくと何らかの病気が発症してくるし、
病気の回復もアルブミン値の良い方が回復も早い」
とのこと。



肝臓が元気になると肝臓で生成されるアルブミンが増えて長生き・痩せる・肌がキレイ!!


時間が経っちゃったのでポイントをまとめ的に書いていこうと思います。


アルブミンとは
 生化学的性質を有するタンパク質の総称で、肝臓で生成される。
 アルブミン濃度が低下すると肝疾患、栄養失調になる(Wikipedia)。


番組のナレーションでは、
・アルブミンは肝臓で作られるタンパク質の一種で、
 血液に含まれる全タンパク質の約5〜7割を占めており、
 血流に乗って全身に運ばれ体の様々な組織を作るための材料になる
・しかし、肝臓の働きが悪くなるとアルブミンは減ってしまう
・通常アルブミンは年齢と共に減少するが、
 近年、年齢と関係なくアルブミンの少ない人が増えている
・そしてこのアルブミンの量が長生きと大いに関係がある

とのこと。


また、秋田県で8年間、
65歳以上を対象にアルブミン値の変化と寿命の変化を調査し、
東京都北区の健康増進センターで食事指導をされている
人間総合科学大学 人間学科健康栄養学科 熊谷修教授によれば
アルブミン値の高いことが長寿の必須条件とのこと。


肉食はアルブミン値を大幅にあげる!!


熊谷修教授によれば、
アルブミン値を上げるには「肉を食べるのがベスト
だそうです\(^o^)/。


そのわけは?
肉は非常に質の良いタンパク質で、きちんと摂ると
 肝臓自身の健康度が高まって肝臓自体の機能がフル回転できる

・肝臓もタンパク質出てきていて、健康な肝臓を作るには
 良質なタンパク質を十分摂る必要がある
食べたタンパク質を体の組織に変えるにはとても多くのエネルギーが必要で
 とても多くのエネルギーを常時供給しなければならない

肉の脂(あぶら)はとてもエネルギーに変わるのが早く、
 一緒に食べたタンパク質を骨と筋肉に変えるのに好都合

とのこと。


実際、熊谷修教授が調査した秋田県南外村で
65歳以上の人を対象に肉食を奨めたところ、
肉食を奨める前のアルブミン値の平均は4.1g/dl前後
肉食を奨めた後のアルブミン値の平均は4.3g/dl近くに急上昇。
因みに熊谷修教授が推奨するアルブミン値は4.3g/dlだそうです。

しかも平均寿命が
女性 +1.8歳
男性 +1.3歳

伸びたとのこと。
この期間の全国の平均寿命の推移が
女性 +1.4歳
男性 +1.0歳

だったので秋田県南外村は全国平均をかなり上回る結果になったとのこと。


また熊谷修教授が食事指導している東京都北区健康増進センター
の高齢者ふれあい食事会のメンバーさん達も
・雨が降ろうが何しようが出て歩くようになりましたし体の調子が良い(80代女性)
・あまり風邪をひかない(80代女性)
・足が丈夫になりましたね 体が軽くなりましたね(70代男性)
などなど好評みたいです。



なぜ魚ではなく肉なのか?


魚にも勿論脂肪はあるが、肉には脂肪を燃やす為のビタミンなども多く
タンパク質を分解するのに効率が良い
とのこと。


肉食女子 姫野友美医師によれば
「食べたものを消化吸収して色んなものを作ってく為には
すごくエネルギーが要るんですね。
そのエネルギー源としては、肉に含まれている飽和脂肪酸
ほとんど生きていく為のエネルギーに変換されていくので、
それでカロリーを確保してタンパク質を有効利用したい、という意味なんですね。
お魚の脂肪は飽和脂肪酸じゃなくて不飽和脂肪酸なので
エネルギーよりも別の方向に使われてしまう

ですから特に高齢者はたくさん食べられないのでお肉が良いでしょうということ」
とのこと。


因みに
飽和脂肪酸とは?
人間の体温では溶けない脂。
摂りすぎると肥満・動脈硬化などの原因に
不足すると血管がもろくなり脳出血などの原因になる

不飽和脂肪酸とは?
人間の体温でも溶ける脂(魚の場合はEPA・DHAなど)。
エネルギー源にもなるが、血中の中性脂肪やコレステロールを調節する
不足すると発育不良、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞など
しかし摂りすぎても肥満や動脈硬化の原因になる。



どんな肉を食べればよいのか?


勿論番組でも肉だけをガツガツ食べろと言っていたわけではなく、
バランスの良い食事が重要で、
最終的に
タンパク質を豊富に摂取して炭水化物など糖質を減らせ
というのが結論かと思いますので、
タンパク質も肉類・魚介類・卵・牛乳・乳製品・大豆・大豆製品
いろんなものから摂取することを推奨していました。
ですので、バラ肉(カルビ)とかロースなど脂質の多いものは
タンパク質よりも脂質を多く摂ってしまうので避けた方が良いとのことでした。

秋津医師は
見た目が赤い肉を推奨していました。
白っぽいジューシーなお肉は水分や脂肪が多いので
オージービーフみたいな赤くて硬い肉フィレ肉が良いとのこと。
(鴨は脂多いと思うんですけど(⌒_⌒; )

野村喜重郎医師は、
松崎しげるさんのレバーはホントに良いのか?との質問に
アミノ酸が豊富、
ビタミンB群が豊富で肝臓の代謝機能を助け脂肪肝を改善させる
更にレバニラ炒めはレバーに欠けているビタミンCを補い
臭いの成分アリシンがビタミンB群の効果を長く保つ
ということでレバニラ炒めが推奨でした。

姫野友美医師は
肝臓に良いおつまみとしてアスパラガスの肉巻きを推奨してました。
アスパラガスには肉を分解するナイアシンやビタミンCが多くて
タンパク質も摂れる、とのこと。

また新見医師によれば
お酒を飲んだ時に肝臓に悪い食事はなんと言っても炭水化物で、
お酒の後のラーメン脂肪肝まっしぐらだそうです。



自らの脂肪肝を改善しダイエットにも成功した野村喜重郎医師(74)の食事&健康法!!


今回のゲストの消化器内科医の野村喜重郎先生が
今回の番組の監修でもあったそうで、野村先生の密着取材です。
野村先生は御自分が脂肪肝だったそうで、高タンパク質中心の食事や健康法で
脂肪肝も基準値に、体重も75kg→65kg痩せたとのこと


ポイント@ 高タンパク質 低炭水化物
とある日の朝食メニューは
焼き魚、卵とインゲンの和え物、豆腐、大豆、黒大豆の納豆、その他味噌汁、オクラなどで
ご飯はお茶碗半分程度。
その少ないご飯に納豆とオクラを入れて膨らませてる感じ。
タンパク質が主食ご飯がおかずなんだそうです。


ポイントA 足を上げて10分の昼寝
クッションに足の載せてソファーで昼寝です。
野村先生によれば、
足を上げることは血流がお腹に方に戻ってくること、
肝臓に流れる血液量が増え、大事な酸素、栄養分が肝臓に流れる、
解毒代謝を助けてくれる
とのこと。


ポイントB コーヒー1リットル飲み
脂肪が溜まって脂肪が錆びて脂肪肝、肝炎、肝臓癌が起こる
これをボイコットするには抗酸化剤が必要で、
カフェ酸(コーヒーに含まれるポリフェノール)は
非常に良い抗酸化剤で脂肪肝、肝炎、肝臓癌の発生を予防してくれる
とのこと。


ポイントC カロリーや炭水化物の多いお寿司を高タンパク
お寿司屋さんでシャリを少なくしてくれるように特別注文しているようです。
この日はお孫さんと一緒でしたが、野村先生の分はシャリが通常の半分。
野村先生によれば、
こうすればお寿司も低カロリー高タンパク質の食事になるとのこと。


因みに、胃の弱い人はコーヒーは3〜4杯とか更にもっと少なく
自分に合う量で良いそうです。
一応目安としては3〜4杯飲むのがよいそうです。



なぜ痩せるのか?


秋津医師によれば、
基礎代謝(生きているだけで使われるエネルギー)の大まかな部分は
脳、心臓、そして肝臓で、
肝臓の基礎代謝量は全身の約2〜3割を占めている、
肝臓が元気になると肝臓の基礎代謝が上がり、
カロリーが燃えやすい体質になり、
太りにくい体質に変わっていく、
とのこと。



野村喜重郎先生の指導で痩せて肌がキレイになった患者さんの例


女性の方が良かったんですが、
今回は元タクシー運転手の70歳の男性。
先生の指導で高タンパク質低脂肪の食事に変えたところ、
半年で75kg→70kgと5kg減量!
この患者さんによれば、
脇腹辺りのお腹の肉が落ちてきて、二重あごだったのがスッキリ、
更にヒゲを剃る時、以前は血が吹いてきたのがそういうことがなくなった
皮膚の状態が良くなった、
肌が改善したとのこと。


なぜ肌がキレイになるのか?


野村先生によれば、
肝臓は解毒工場で、シミ、色黒といった汚れた面を流してくれる
皮膚の原料コラーゲンを作って皮膚を若返らせてくれる
とのこと。


また、南雲吉則医師によれば
「男性の体、閉経後の女性の体は
男性ホルモンによって活性化されてはいるんですね、
ですけど、
男性ホルモンっていうのはある程度使ったら肝臓で分解されて
廃出されなきゃいけないんですよ。
ところが、肝臓機能が悪くなると
老廃物になってしまった男性ホルモンがたくさん残っちゃう。
元々男性ホルモンは戦いのホルモンで、
戦った時に肌に脂分が多ければ傷つきにくい。
肝臓の機能が落ちてくると
肌にはニキビ、生え際にはフケ、ワキガになるなど
様々な肌のトラブルが起きる。
鼻の脇や眉毛の辺りがフケっぽくポロポロ脂が落ち始めた時は
『あ、あなた、肝臓弱ってますよ』って状態」
なんだそうです。



最後に肝臓の不調度チェック表


ホントは番組の最初にやってたんですが忘れてました(;・∀・)。
チェックした項目に点数がついてて、
その合計が4点以上だと肝臓に異常がある可能性あり
だそうですので、チェックしてみて下さい。


Q01 体が重くてだるい                  1点
Q02 食欲がない                     1点
Q03 脂っこい物が食べられない              1点
Q04 わけもなく体がかゆい                1点
Q05 強かったお酒が最近急に弱くなった          1点
Q06 皮膚が荒れ、シミが増えた              1点
Q07 便の色が白っぽい                  2点
Q08 尿が濃い                      2点
Q09 ちょっとぶつけただけでもすぐに出血する       3点
Q10 手のひらが赤くなる                 3点
Q11 白目が黄色になった                 5点
Q12 右上の腹部からみぞおちにかけて軽く触ると腫れている 5点


野村喜重郎先生によれば、
「Q01 体が重くてだるい」
肝炎、脂肪肝、肝硬変に共通
「Q08 尿が濃い」
胆汁色素が解毒されないでそのまま出ちゃってる可能性が強い
「Q11 白目が黄色になった」
目が黄色いのは肝障害に限るので要注意
とのことでゲスト松崎しげるさんは8点黄色信号と診断されてしまいました。


また姫野先生によれば、
ウコンに含まれるポリフェノールの一種クルクミン
肝臓の解毒作用を助けたり、胆汁分泌を促進したりするそうですので、
現在既に調子が悪い方は試してみると良いでしょう。


あ、それともう1つ
現在つながりで、丁宗鐵医師によれば
肝臓が悪い人は右脇腹が少し腫れる傾向がある
とのこと。
また、肝臓を元気にするツボを刺激すると良いということで
乳首から下に下がって肋骨の下期門
というツボで、
ここを押して痛い人は肝臓に問題があるとのこと。
お酒を飲む前に指圧すると二日酔いしづらくなるとも仰ってました。



posted by prin at 23:07 | 肝臓・肝硬変・NASH・脂肪肝など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。